スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問

【遠い夜明け】
難民問題が叫ばれて久しい中、ある父親がスウェーデンで難民登録をするまでの話です。
それと平行して、アフリカ難民の話もあります。
どちらも、社会や国家が助けてくれないため、というか国家とテロ組織から平等に虐待されるため、
難民としてヨーロッパを目指す過程が紹介されます。

シリアやイラクでの停戦後も、難民自体は減らない可能性もあるとのことで、今後も世界が考えるべき問題でしょう。

【止まらぬ流入】
インターネットの普及に伴い、あるルートを閉ざしても、別のルートが開拓され、瞬時に共有される流れが出来上がっているようです。
海路は言わずもがな、陸路も山あり谷ありのアジア・ヨーロッパの境を取り締まり切るのは不可能。

一方、人口も多く、特定のモノに依存しない経済を持つヨーロッパの不手際が語られます。
日本と違って中東やアフリカに揉め事の種を蒔いたヨーロッパが御託並べているのは滑稽です。

【非合法な密航業者】
筆者さんが集めたのは難民の声だけでなく、密航業者へのインタビューもあります。
短いですが、インタビューに至る苦労も紹介。

私腹を肥やす奴らがいる一方、現場には本人も難民である密航業者な場合もあるそうです。
考えてみれば、非合法な組織の末端は、他に行くところの無い人間になるので、中東やアフリカでは難民なのでしょう。
日本のように、ニートにしておくのは、経済的・文化的に合わないのでしょうし。
ISの戦闘員になる人もそうですが、経済的な事情で非合法な組織に協力せざるを得ない場合は多そうです。

粗悪な救命胴衣を売る業者もいるなど、人道危機です。
しかも、非合法な組織が儲かっても、国の財政は上がらないという悪循環があるようです。

【何故難民になるのか】
難民になる側も、ヨーロッパまでの道のりは厳しく、辿り着いても差別偏見に晒されることは、理解している。
何故そこまでと言えば、テロ組織だけでなく、自国の軍隊や警察から追われ、また真面目に働いても儲からないから。
似た仕事をするなら時給がいい所となりますし、10倍以上時給に差があったら、多少非合法で危険なことでもやる人は増えるでしょう。
黙っていても殺されるなら、逃げます。それが普通のリアクション。
この本を読んで、難民になる人もやはり人間であると改めて感じました。

スポンサーサイト

ブラッククローバー 10

10巻、毎週楽しみに読みつつ、ハガキも出しているので、あっという間でした。

【努力で進化する必殺技】
敵のサラマンドラに対して、ノエルは必殺技・海竜の咆哮を使いますが、今回はブッパ技ではなく、
途中で弾道を変えるなど、成長を見せてくれます。
凄い技を完成させた後も、慢心せずに発展技を考えるなど、ノエルらしいストイックさが出ていると思います。

作画的にも、よりスピード感や迫力が増していると思います。

【小説版キャラクター紹介】
本誌では小説読んでない人には分りづらいのではと思いましたが、コミックではキャラ紹介があります。
小説を読んでいない方は、10巻の42ページと62ページを先に読むと、本編も読みやすいと思います。
ただ説明しているだけではなく、少しネタっぽくなっているのも楽しいです。

マリエラはお色気とは縁が無いと思っていましたが、プロフィールページではエロいポーズを見せてくれます。

【敵方も成長】
味方サイドが成長する一方、敵方も負けじとパワーアップしてきます。
前回はヴェットがアスタの能力を分析してましたが、今回はファナのサラマンダーが進化して登場です。
さらには戦闘中にまで進化するなど脅威はなかなか減りません。
元々火力はありましたが、更に強くなるため、油断のならない連中ですね。

あとは、美少女マッドサイエンティストのサリーちゃんにも、(色々な意味で)成長して再登場願いたいです。

【アスタの治療】
こちらは意外とアッサリ回復します。
代償については、本誌の展開から次巻になるかと思われます。

【アスタ流テロとの戦い~VSファナ】
悪いことをやめさせるのは変わりませんが、ただ力尽くで叩き潰すのではなく、相手の事情を探ろうとします。
魔眼が持つ絶望や憎悪の根本的な原因を探り、何か出来ることがあれば尽力しようというわけです。
結局答えてはくれませんでしたが、こういうことは根気が必要ですからね。

誰に言われるでもなく、アスタが個人的に始めたことなので、今後もテロリストの事情を探るのは
アスタが主体になって進みそうです。

【アグリッパさんは…】
呪術魔法の使い手ながら、コミュ力不足で活躍の場が無いアグリッパさん。
バネッサさんやフィンラル先輩も掘り下げがあったので、アグリッパさんもそろそろでしょうかね。

【表紙】
進化前は可愛げのあったサラマンダーも怖そうな感じで描かれてます。
ファナも同じくで、この辺の描写は、ハングリージョーカーの頃から安定して伸びてるかなと思います。
バネッサさんは余裕ありげですが、まあ本編でもシラフなら冷静ですからね。

勇者特急マイトガイン(前半)

yusha-01_R.jpg

ケーブルテレビで所々見てましたが、スパロボ参戦と言うことでDVDを購入し、観賞しました。
・・・所々ではなく、欠かさず見ておくべきだったと後悔しました。

【新しい勇者像】
檜山さんの熱演と石田先生のキャラデザで格好良いヒーローに仕上がっています。
ダ・ガーンまでは、平均的な小学生といった雰囲気でしたが(ファイバードはみてませんが)
こちらは大富豪のイケメンで、第一話前からヒーローとして活動しています。
ヒロインに「お人形さんのようにしているんだよ」とか、格好良すぎますね。
色々超人的な身体能力や射撃能力を持ってまして、その辺もエピソードに組み込まれています。

【魅力的で憎めない悪役達】
他の方もおっしゃっていますが、正義感あふれる舞人に対する悪役も魅力的です。
アジアマフィア風で見た目の割に実は鋭い才覚をもつホイコーロー、
マッドサイエンティストらしいが実は部下思いだったりするヴォルフガング、
独りよがりな正義を振りかざしつつやってることはただの犯罪者なミフネ、
私利私欲のために迷惑度ナンバーワンのことをやらかすカトリーヌ。
そして、ストーリーを通した好敵手・ジョーも格好良いですね。
(ドリームブレーカー二人組ですが)
憎めないヤツの割に、EDの演出が無駄に格好良いのも笑えますw

一方、BOX-1の終盤、パープルが出た辺りから、敵方も憎めないヤツではなく、
「邪悪」といった輩が登場します。
4組織、1個人、黒幕と、敵が6陣営もいる中、一年間バランス良く
悪党として活躍してくれたと思います。

【科学者魂】
マイトガイン達の整備をしている大阪工場長の下でアルバイトをしている
ヴォルフガングで、工場の仕事はまじめで正確にこなしていました。
若い技術者の面倒もみており、この辺が単なる悪党とは違うところでしょう。
ジョーに飛龍を盗まれたり抜けた所もありますが、
科学者魂という点では、終盤まで貫かれ、大きな成果を上げます。

【ブラックガイン】
納豆の回と同じ人が書いてるとは思えないシリアス回です。
敵として生まれながら、正義のために戦おうとした矢先、
ガイン視点では弟分として育てようとした矢先に悲劇に見舞われるとは・・・
早口言葉はクスリと笑えますが、その分最後が残酷に見えました。
スパロボ救済が欲しいキャラです。

ONE PIECE 84

【ヴィンスモーク家の横暴】
 4兄弟のイチジ、ニジも加え、一家が顔を揃えますが、一家団欒といくはずも無く。
 飯が口に合わないどころか、「何となく不味そう」で、女性に暴力を働きます。
 食い物を粗末にしないサンジとの対比でしょうが、どこまでも横暴です。
 あと、肉弾戦で不利になると、人質の話を持ち出したりで・・・

 「偉いからこそ自分の責任で話を進める」という信念を持つルフィや、
 それに感化されたモモの助に対して、「偉いから威張る」という世界政府側に
 近い思想を感じます。

【技術立国ジェルマ】
 ベガパンクあたりからSF要素が濃くなりましたが、クローン技術を使いこなすとは。
 本誌でも、麦わら一派とジェルマ、ビッグマム海賊団で、盛り上がりつつありますが、
 悪魔の実がメインのビッグマム海賊団と、科学技術で勝負のジェルマがどう立ち回る
 かも楽しみなところです。

【対ビスケット能力バトル】
 能力バトルの面白さはいつも通り。
 相手のビスケットに対して、食べて対抗するなどギャグ要素も混ぜつつ、
 ゴムの胃で膨らんだ腹を利用してクラッカーを攻略します。
 ウイスキーピークでは、満腹の腹は弱点になっていましたが、
 今回はそれを戦術に取り入れていました。頭が良いのか悪いのか。

【ルフィVSサンジ】
 ゾロやブルック以外は、ガチで決別しかける感じでしょうか。
 今回はウソップ以上の攻撃力を持つサンジですし、事情が個人の命でも無いので、
 より深刻な雰囲気になります。事情が事情なので、サンジ側もそうそう言うことを
 聞かず、ルフィに全力で攻撃します。
 ルフィ側は、「帰ってこないなら餓死する」と発言し、これまた信念を魅せます。
 仲間は死んでも守る男ですが、今回は武力ではなく、精神的な面でサンジを支える
 方向に向かいます。
 

火ノ丸相撲 12

稀勢の里が久々の日本人横綱になったこともあり、三次元でも二次元でも盛り上がっております。

【蛍の覚悟】
 真っ向勝負が旨の火ノ丸とは対照的な、「変化」を戦法とする蛍。
 間宮戦でも「卑怯と罵られようが、勝利に貢献する」という覚悟を魅せてくれましたが、
 今回は更に変化を磨き、自信をつけます。
 火ノ丸が気合いを入れたのはありますが、それでも蛍自身が決めた覚悟です。
 「卑怯・冒涜と罵られる覚悟」という点では、漫画界でもトップクラスではないかと思えます。

【最強の布陣】
 ダチ高とは対照的な、名門で相撲を続けるメンバーが集う鳥取白桜高校。
 単純に体格勝負の首藤に、合気道の榎木、モンゴル出身のバドと、
 とにかく多彩な面々がそろっています。
 この巻は大関部長と榎木の開戦で終わりですが、ジャンプ本誌を読んでいても息がつけません。

【頂上決戦】
 火ノ丸に勝ったことのある二人の対決です。
 どちらも、いかにも力士という風格で、これまでの試合も少ないながらインパクトのある
 ものが多かっただけに、より面白さが際立つカードです。

 結果の方は、本編で確認していただきたいですが、まさに最強対決というのかブレないでしょう。 

【おまけ】
 いつも通り、キャラ紹介ページがありますが、国宝数珠丸にも1ページ使った紹介がありました。
 ほとんど台詞が無いキャラなのに、そのページではキャラがたっていました。
 本編では試合用の怖い顔でしたが、おまけでは穏やかな表情です。

【水着回】
 まさか火ノ丸相撲で水着回を見る日が来ようとは・・・
 楽しい海水浴でも、まあやることは火ノ丸相撲らしいと言うことで。
 増刊には無かった描き下ろしもありまして、そっちも笑えました。
 ただ、『ブラッククローバー』や『カガミガミ』に比べると、女の子の線が固いなと感じます。
 一巻の頃に比べると、だいぶ女の子の線は柔らかくなってるんですけどね。

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。