スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラームとの講和 文明の共存をめざして (集英社新書)

【序章・欧州の白愛主義】
 ムスリムが感じる欧州での疎外感と、
 その原因である「自由・平等・博愛」の理想と現実のかい離が紹介されます。
 欧州側、特にフランスは革命の流れでそれを守ろうとしますが、
 あくまで白人の中での平等であって、ムスリムは同化が前提。
 しかし、同化を強要されればされるほど、信仰を強めるという悪循環です。

 「テロ」という言葉についても、なかなか興味深い話かと思います。
 個人的には、政治目的なんだから平等に「テロ」とよ呼べばいいんじゃないかと
 思いましたが。

 「対話ではなく講和」もやはり一理ある考え方だと思います。
 明治の日本のように自分から欧米の文化・文明を学ぼうとしたのではないの
 ですから、きちんと妥協点を見つけて講和をしなければならないと。

【第一章・なぜ人は難民になるのか】
 わざわざ遠い国まで逃げるのはそれなりの理由がありますが、
 シリアについていえば「自国の政府に殺される」というのが大きいようです。
 過去の歴史として、シリアを初めイスラム諸国が難民を多く受け入れていたとは
 知りませんでした。イスラムというと過激派が強調されがちですが、
 この辺のことも理解しておかなければいけないと思います。

 「客」の考え方にも、西洋人とは違った価値観というか、信念を感じます。
 タリバンがブッシュのアメリカに睨まれても、なぜアルカイダを売らなかったか。
 また、日本人には理解しづらいのですが、イスラムの商業観もあります。
 カッパドキアのエピソードは、それが解り易いかと。
 
 そして、一章の最後では、「難民とIS」の関係が紹介されます。

【第二章・新帝国乱立と民主主義の限界】
 この章の前半は、新帝国・新覇権国家の紹介。こちらは他の書籍やNHKスペシャル
 でも散々紹介されているので、特筆することはないかと。

 重要なのは、後半の宗教・民族と民主主義の関係。
 シリアの歴史と併せて、シリアに民主主義を導入したらどうなるかという事が
 解説されます。移民国家の米国や、何百年も決まった土地に住んでいた欧州、日本とは、
 状況がまるで違うと理解するべきですね。 まあ、それも白人の皆さんが勝手に国境線を
 引いたから、自分たちも制御できなくなっているんですけれども。
 というかイラクで失敗しているのに民主主義をゴリ押しする識者がいるのが何とも・・・

【第三章・イスラム世界の中心は?】
 最初の方は「西欧の価値観=絶対悪」のような論調。歪が出てるのは事実ですが・・・
 ただ、システム上の問題なのか、政治家・テロリスト個人の問題なのかというのを
 見極めるべし、とい指摘は大切なことだと思いました。
 
 誰がスンナ派の主体になるかという点については、
 「エルドアンのトルコ」とのことです。(この本が書かれた後にクーデターも起きていますが)
 地理的にも、政治的にも、また学問などの交流等でも他のアラブ諸国よりは、
 欧米諸国ともバランスがとり易そうです。

 後半の難民受け入れの話は、内容は理解出来ますが、空間的・経済的には難しいのでは
 ないかと思いました。話し合って妥協点を見つけるべき内容とは思います。

【第四章・日本の役割】
 日本の役割と言っても、本に書かれていることは基本的に安倍政権への文句です。
 確かに正論ではありますし、国民側も安倍さんの言動で気を付けて見なければいけない
 事柄ではありますが。
 法学や地政学については、きちんと勉強しないといけませんね。

 しかし、折角イスラム側の意見をという対談の場なので、
 「イスラムとして、日本には是非ともコレをやってほしい」というのが
 あればとも思いました。

 イスラエルは、こういう人達の本では絶対悪ですね。
 ただ、イスラムと講和するのであれば、ユダヤとも講和しないといけないとも思います。

スポンサーサイト

戦争の社会学 はじめての軍事・戦争入門 (光文社新書)

「はじめての」とタイトルにある通り、戦争や軍事を解り易く解説した本です。
全体的な流れや知識については、世界史の授業で習ったことが多いと思います。
ただ、古代・中世・近世・近代における戦争のあり方や、日本と欧米の違い、
色々な用語等の曖昧な所を、軍事の古典等を参考に明確化できます。

【戦争の定義】
「暴力によって相手に自分の意見を押し付ける行為」とあります。
あくまでも、暴力は手段であって、目的ではないわけですね。
また、国家間の暴力でも「事変」というのは何故使い分けられるのかも解説されます。

【古代の戦争と中世の戦士】
二章と三章はあくまで歴史の知識という感じです。
地政学等から、日本の中世と欧州の中世、中世の無い他の地域の比較などは面白いと思います。
さらに、四章では、銃と大砲の登場で、中世の騎士から、近世以降の軍隊、
そして近代以降の国民軍までが解説されます。
そういえば、ハンニバルは敵に同じ戦術を採られると弱かったと言われますが、
ナポレオンや日本軍もそうで、これは普遍的と考えさせられました。
また、ナポレオンの頃から、欲しい物を奪う戦いではなく、イデオロギーを押し付ける戦いが始まった事も
紹介されます。

【国際法と戦争論】
五章から七章は、国際法と戦争論各々の古典と、それらを噛み砕いた説明です。
書いた人の人生や書いた目的等も紹介されます。
西洋人が作った物が今の世界にも影響を与えているとは凄いことでしょうが、
最近はその歪みも出ているように感じます。

【ドイツ帝国と参謀】
ビスマルクと言えば鉄血宰相など好戦的なイメージがありますが、
祖国の為に国家戦略・軍事戦略を考えていたと思わされます。
最新式の交通手段を積極的に取り入れることは、後のナチスドイツには踏襲出来ていたわけですね。
モルトケの戦略を各国がこぞって真似ようとする中、日本は明治維新直後にもかかわらず取り入れようとするなど、
昔は国際情勢を理解し、役立てようと努力していたんだと分かります。

【世界大戦の変遷】
WW1は、国民国家同士の戦争で、さらにWW2では前線と後方の区別が無くなるという流れが紹介されます。
内容的には、歴史の教科書レベルに、戦術の話を加えた程度かと。

【日本軍の失敗】
極力筆者の主観を排し、当時の世界標準と、日本のシステムや戦闘マニュアルの差が解説されます。
同盟国ドイツの電撃戦、WW1の塹壕戦や、ナポレオンの失敗から何も学ばず、精神論と毒ガスに頼る陸軍の様子が、
具体的資料から分かります。
当時の国際法をいい加減に扱ったことも、アメリカの参戦ムードを高めてしまったようです。
また、捕虜になる事も、中途半端な武士道精神からか遠ざけて死ななくても良い兵士を死なせたりという
愚も犯しているとは。(捕虜になる事は不名誉どころか裏切り、というスターリンよりはマシかもですが)

【21世紀の戦争】
日本のように自分から欧米化しようとした国ならば、欧米が決めたルールに従うのも分かりますが(変な所でズラして失敗しましたが)、
イスラム世界には通用しません。
やはり、ISはハーグ協定適用外ですし、国際法上も扱いが難しい組織のようです。
もちろんISやアルカイダの犯罪自体は止めなければならないでしょうが、アメリカに歯向かう者は
テロリストというのも限界に思えます。
ロボット兵器に関する話も、色々考えされます。
ただし、この本には、筆者の解決案は提示されません。

プラチナエンド 3 (ジャンプコミックス)感想

【メトロポリマンの策略】
 前巻でも人間を動かす事に長けていたメトロポリマンですが、
 今回は美少女殺人鬼・ミスリンを利用します。
 あとは、ハデな花火といって、明日達をハメる等、相変わらず用意周到で、
 かつやる事は過激になっていきます。
 一方、学生生活も描写され、しょーもない話をしていると見せかけた会話も
 面白いかと思います。
 あと妹の件は、今後活きればよいと。

【六階堂さん主人公(提案)】
 月やメトロポリマンとの対比にもなってますし、ちゃんと目標や信念に対して
 自分なりに準備・行動する人なので、こっちの方が主人公向きかなと。
 まあ、見た目も実年齢もオッサンなので、ヤングジャンプになりそうですが。

【キャラデザ・作画等】
 メトロポリマンのメイザの方がセクシーという話題が出ましたが、
 個人的には、モノクルのバレの方が知的で綺麗なのではないかと思います。
 美少女殺人鬼も、可愛いのですが、どこか狂気じみた雰囲気もあって良いと思います。
 弥海砂と比べても、普通とは違う怪しさで、
 特に血まみれでテヘッとしている辺の作画は流石小畑先生です。

【空気主人公とエアヒロイン】
 明日は相変わらず空気ですね。
 ざっとから読んで何をしたかと聞かれると、答えられなさそうです。
 情報整理の補助しかしていないような。
 ヒロインの咲は、セリフあったっけ?という感じです。
 デスノートモドキだと、『デビリーマン』の福田先生が頑張ってますし、
 色々と心配です。

ブラッククローバー 暴牛の書 (JUMP j BOOKS) 感想

【全体的な流れ】
 ショーとエピソード集かと思っていましたが、意外と真面目なブラクロでした。
 『ドラクエ4』のように、直接関係のない時と場所のエピソードが、
 最後の章で一本に交わるという流れです。
 こういう流れは、本編ではやりづらいと思うので、外伝の長所が活きたと思います。

<以下ネタバレ注意>

【一章・新たな希望】
 原作だと1話と2話の間ですね。相変わらず筋トレに励んでいるアスタは、
 ダイヤモンド王国からの離反者・ファンゼル(ゼル)と出会います。
 ゼルから剣術の基礎を学び、師弟として親睦を深めます。
 
 そこに教え子のマリエラが登場。ゼルを裏切り、彼を捕まえようとします。
 極力殺さないように気を遣っていたようですが、全体的には体制寄り。
 ゼルも半ば覚悟を決めていたようですが、
 アスタに「生きていく理由や希望は自分で見つけるもの」と一喝され、
 自分なりにも新しい目標を見つけます。

【二章・想いの結晶】
 魔力をコントロールが出来ないノエルと、意思を持った魔道具のお話です。
 魔道具・ブルースは、『牙狼』のザルバみたいな感じでしょうか。
 コントロールを訓練して、最後には災害救助で活躍という流れになります。

 ブルースはザルバと違って、かなりの変態なため、序盤は割とギャグ乗りです。
 ノエルは、色々言いつつ仲間として、師匠として認めるようになります。
 しかし、そんな関係もつかの間、人命救助を頑張るノエルを補助するため、
 ブルースは自分の生命力を使ってしまいます。
 ノエルの最後の行動も良かったと思います。イラストが欲しかったですが。

【三章・社会の基盤】
 ヤミさんとマグナ先輩が、スパイ探しのために学校に訪れるという内容です。
 子どもの教育は社会の基盤なので、王国としても大切なのでしょう。
 
 人に教えるというのは大変な作業で、ヤミさんも自習にしようとしていましたが、
 その後スパルタ教育を始めたり、色々教えるようになります。
 スパイ探しというよりは、こっちがメインでした。
 大きい所では「努力して先天的ハンディを乗り越える」というのがあると思います。
 作品としても、この小説版でも重要なテーマかと思います。

【四章・使命と贖罪】
 全体のまとめということでゼルとマリエラ、あとゼルの婚約者ドミナが登場します。
 一章でのアスタの発言を受け、ゼルとマリエラは自分の生き方を見つめ直した様子。
 アスタは、基本的に彼らの新たな一歩をサポートするのが仕事でした。
 マリエラの贖罪は、喰えないところは相変わらずでしたが、
 その辺はノエル達との対比でしょう。

【今後の展開】
 今回は面白かったので、次回作にも期待できそうです。
 次は『夜明けの書』か『ダイヤの書』とかでしょうかね。

 あと、表紙の三人や、3章の面々も、本編に出てきてくれれば嬉しいです。

ブラッククローバー 7 (ジャンプコミックス) 感想

【ノエルのトレーニング】
 他の兄弟親戚に比べ、頑張ってるにもかかわらず結果が出せなかったノエル。
 新キャラの助言を受けて、何とかコントロールをモノにします。
 元々努力家でしたが、仲間との絆を深めてきたこと、
 そしてアスタに励まされたことで結果につなげると言う熱い流れです。
 一方、結果が出ないからとすぐに諦めるのはよろしくないということでもあるのでしょうか。

 また、アスタ→ノエルのお姫様抱っこシーンもあります。

【水着回】
 8月の暑苦しい時期ですが、こういう回を読めば暑さも忘れられますね。
 ノエルとバネッサさんは『NEXT』の時とも違う水着で、楽しめます。
 チャーミー先輩は、今の所お色気とは無縁な感じで。

 私服でもそうですが、やはり田端先生特有のエロ可愛さが溢れています。
 ストレートなエロさは『幽奈さん』があるので、最近のジャンプは豊作ですね。
 (ただ、キスシーンは改善の余地ありかなとも思いましたが。)
 
 ヤミさんはというと、他がはしゃぐ中情報収集していたりと、
 意外と仕事はしているようです。

【海底神殿】
 王都とはだいぶ違う趣で、楽しめるかと思います。

 魚顔のキャラが登場し、『ジュウオウジャー』のセラみたいな人々かと
 思いましたが、海洋生物を模したお面でした。
  
 チャーミー先輩が食べていた料理もおいしそうで良かったです。
 贅沢を言うなら1話位は観光するだけの回があっても良かったかなと。

【ゲームの中でも成長するアスタ達】
 ゲームを通して、アスタノエル共に新しいライバルを見つける流れも良いと思います。
 ノエルは、足りない部分をカホノに指摘され、多少反発しながらも自分の糧にします。
 アスタは、普通の剣を使った攻撃を行うキアトと交戦。
 舞のような動きで相手をほんろうするキアトに、体力で突っ込むアスタは苦戦。
 しかし、相手の動きを観察し、自分の動きに応用するなど、こういう機転は効く様子。
 もちろんこれは、浜辺でもトレーニングをしていたことの賜物でしょう。
 
【蠢く陰謀】
 騎士団長にも裏切者がいたり、ウィリアムは理由を言わずに遅れてきたりと、
 何か大きな力が渦巻いているように思います。
 カカシ先生もよく遅刻してましたが、明らかにノリが違いますし。
 白夜の魔眼のライアも、動き回っているので、油断のならない相手です。
 「魔石」という敵の目的も語られ、それに対してアスタ達も動き始めます。

【表紙】
 マグナ先輩のヤンキーっぽさはカラー絵でも健在です。
 バネッサさんは、ちょっと前のセンターカラーの方がエロかったような気もしますが・・・
 ともかく、背景色含めて格好良く仕上がっていると思います。

【その他】
 帯によると、6巻までで160万部売り上げだそうですね。
 一巻あたり26万部くらい。
 今後も頑張ってほしい所です。
プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。