スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそ改善なるか

leafkey_019346.png

 『ToHeart2 DX PLUS』
発売されましたね。
画集にヒオホイつられて買っちゃいましたが
当分ゲームは買えないな。

さて、三人娘の出番は改善されるのか。

そんな願いもこめて描きました。

Leaf^Keyお絵かき掲示板

マウス絵も久しぶりですが、まあそこそこかけたんじゃないかと。

今回構図の関係でカスミだけ入りませんでしたが、
それはまたの機会に。
たぶん次はお絵かき掲示板にはならないと思います。
あんまり一人で描くのもウザがられると思うんで。

さて、仕事の関係でどのくらいゲームができるのやら・・・

つか原稿も進めてますんでますます・・・
pho2-15sb.jpg
スポンサーサイト

テーマ : エロゲー
ジャンル : ゲーム

卒論終わって一枚

sasante.jpg

卒論終わりました!!

提出期限が来週の月曜だから、割と余裕を持って書けましたね。
あ、いや、細かい訂正や目次作りはこれからですけど。

これで安心してバレンタインイラストが描けそうです。
節分イラストも書いてましたが、まあそれはそれとして。

tagar-12b.jpg

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

BrandNewLeaf

さてGW最終日での
Leafオンリー"BrandNewLeaf"
まあ例によってあんまり需要の無い三人娘本を売りに行きました。
なんだかタマ姉本に比べて明らかに立ち止まる人が少ないのには慣れましたが、
今回きつかったのは原稿期間。
普段は一ヶ月半で30ページ前後
のペースで描いていますが、
今回は一ヶ月で32ページ
何だか月刊漫画みたいなペースで、しかも大学のレポートもあるとか年度始めからクライマックスですね。
流石に、28ページ位からは息切れしましたね、というか最後の6ページ+表紙は昨日から今日の早朝にかけて描いてました。つーわけでかなり睡眠不足です。
ただこのペースで描けるのは漫画用のソフト「COMICWORKS」があるところが大きいですね。アナログトーンも楽しいんですけど、30ページに渡って貼っていたら死にますね。更にパソコンとプリンターも2台ずつ使ってました。
毎度思うことですが、漫画家は早死にするというのがよく解ります。

今日は徹夜明けで辛いのでこの辺にします。

テーマ : 同人活動
ジャンル : アニメ・コミック

ToHeat24、5巻発売

先日発売された
ToHeart2コミック版4、5巻
待ちに待ったという感じですね。

さて、購入された方はご存知かと思いますが、
我が脳内メインヒロイン
三人娘が登場します。
なんかもう
ファンとしては供給が極端に少ない三人娘がいるというだけで嬉しくなってしまいますね。
いやホント可愛い。
霞の貧乳はいつ見ても…
あぁでも玲於奈の口は甘露先生の方が可愛いかな~などと思ってみたり。
薫子の髪型、原作では左右非対象に見えたんですが、今回は対象ですね。
まあ泣きボクロがあるから許しましょう。

三人娘編の中身に関しては、原作とほぼ同じでしょうか。
私は電撃の方が好きですね。
というより原作のタマ姉編、個人的にはX由真編の次くらいに嫌いなので。
トラウマ抱えてると言われても、やってることが責任を一方的に押し付けて、無理矢理押し倒し、相手の将来も勝手に決め込む…
貴明はと言えば自分からどうにかしようとするわけでもなく、倒されるがままに食われるだけ…
ちょっと感情移入は難しいかと。
そりゃぁ三人娘編は
  何十回もやってますけどね。


何だか尻切れ蜻蛉どころか頭しか無いシナリオですが、三人娘編もまた中途半端。
なんか
「キスしたら負けを認める」
と言われて、その通りにしたら撤退しましたという
駆け引きゼロの展開。
まあColorfulNote4巻もそれと同じですね。
駆け引きが無いんで、イマイチ盛り上がりません。

んで、根本的に何が問題かと言えば、
「喧嘩の原因と
   関係ない形で終わる」
こと。
人が衝突するには何らかの原因があるものです。
何故三人娘が納得出来なかったかと言えば、
自分達の方が
   お姉様に相応しいという自信
があったから。
まあ客観的に見て、貴明がタマ姉にとってプラスになってるようには見えないでしょう。
この点には触れる事なく終わってしまうのが原作ですね。
電撃の方はどうかというと、三人娘が監視するデート中、犬に追い掛けられて木の上に逃げ込んだタマ姉を、貴明が助けています。(ちなみに三人娘は何もできませんでした。)更に、貴明に身を任せるタマ姉の表情、これが決定打になったようですね。
原作との大きな違いは、論点に決着が着いている点です。
確かに三人娘は敗北しましたが、読後感はこっちの方が良いと思います。むしろ、ライバルキャラならキッチリ負けてくれた方が後味が良いのではないでしょうか。


この辺のうやむや感はちゃる編にもありましたね。
ロクがKYな行動に出た原因とは関係ない所で目の前の敵だけが勝手にやられてしまう。
なんかスポ根で言えば相手が反則負けしたような…
菅先生には考え直してもらいたいですね。


やや脱線しましたが、その後の展開。
と言っても、CLの場合、そこから先はこのみ編とほぼ同じ展開ですね。
一応三人娘編のデートがこのみ編に繋がったりもしますが、アニメでも双子とのデートが…というシチユはありましたし…

電撃の方では、タマ姉とのトラウマを乗り越えつつこのみとハッピーエンドなので、こっちの方が上手く繋がっていると思います。
あと他と違ってこのみの"変化"ではなく"成長"が描かれてるのも面白いですね。

あくまで個人的にですが、このみ編としては電撃コミックのが一番面白いとおもっています。


ToHeart2~colorful note~ 4 (Gファンタジーコミックス)ToHeart2~colorful note~ 4 (Gファンタジーコミックス)
(2009/04/27)
きたうみ つな

商品詳細を見る

ToHeart2~colorful note~ 5 (Gファンタジーコミックス)ToHeart2~colorful note~ 5 (Gファンタジーコミックス)
(2009/04/27)
きたうみ つな

商品詳細を見る

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

失敗しちゃった玲於奈

reona-r3.jpg


玲於奈お嬢様がうっかり…
いや、普通に考えてありえないことだとは思いますが、
もし万が一失敗してしまったら
きっと全力で悔しがってくれます。

やっぱり
こういうネタは
屈辱感を与えることが重要ですね。

そして、
何か間違って
おねしょしたことが貴明にばれてしまうとか…

たぶん、
お姉様にばれても
玲於奈はそこまで恥じらわない。

タマ姉が失敗して
貴明にばれても
やっぱりそこまで恥じらわないでしょう。

玲於奈×貴明だからいいんですね。

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。