スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pixivにてブクマ200件達成!!

pixiv-1.jpg

いやはや、ようやくブクマ200件に行きました。
まさに奇跡の一枚ですけど。


普段から漫画のコマ割りや演出を研究している身としては
報われた感があります。

pixivも何が評価されるか分からないところではありますが、
いろんなことに挑戦していきたいですね。

もちろん閲覧数以外、
面白いと思ってくれる人が一人でもいればと思って書いてる作品もあります。

もちろん、ほとんど閲覧数も伸びずに流れていった作品が多数ですけどね。

まず、基本的にオリジナルは伸びない 特に男性キャラ
男性キャラは、まあ閲覧数100いけばいい方ですかね…

あと、マイナージャンルはやっぱり伸びませんね…
バーチャファイターとかシルバー仮面は。
まあシルバー仮面に関しては、
コアなファンが喜んで下さったようなので、
それはそれで成功といえるかもしれませんが。

そんな中でもそこそこの閲覧数のものも


もっとも、流行に乗りさえすれば閲覧数や評価が伸びるってわけでもないんで、
その辺はバランスを考えていきたいところですね。

もちろん、自分の描きたいものと流行が一致した時も嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

就活のあれこれ

結局のところ、就活において大切なのは
・相手の立場に立って考えること
・自分の足で情報を集めること
・同じ失敗を繰り返さないこと
このへんなんじゃないかと思います。
これは実際の仕事でも同じでしょうしね。


13834369_m.png


就活については、
私の友人知人でもまだ決まってない人が多かったり、
大学によってはほとんど決まらないところもあるなんて話も。

まあ俗に言う就職難、就職氷河期ですね。

マスコミでもたびたび取り上げられており、
いろんなところで去年から厳しいという話は聞きます。
そんななか私の大学でも2012年卒向けの学内就活セミナーが本格化しています。

でも、就活した感じ、
そこまで氷河期かというと若干疑問が残ります。

リクルートワークスから出ているデータをみても、
大卒総合職の就職者数は20年くらい前から安定的に増加してるように見えます。

そして、私自身何社も落ちてますが、
その原因を深く考えると、
プレゼンの準備不足
同じ業界ならどこでも言える志望動機
企業研究不足
自己PRが仕事と結びつかない…etc

まあ
どう考えても自分の責任ですね

特に志望動機に関しては、
うるへんて様からご指摘いただいたにもかかわらず
不十分でした…
うるへんて様、ホント不甲斐無くてごめんなさい!!

あと、なかなか内定が出ないということもあり、
正直焦ってました。
そこで、
「採用してくれればどこでもいい」
と、考えてしまったわけです。
でも、そんな薄い就活で内定とれる確率なんてほとんど無いですよね。
特に不景気だと採用担当の目も当然厳しくなるでしょうし。

まあ「採用してくれればどこでもいい」という発想は
就活生の多くが抱えているように感じました。

こういった就職活動の取り組み方は、
企業側の立場に立って考えると
たぶん迷惑以外の何者でもないんじゃないかと思います。
「どこでもいい」で入った人は、
ちょっと合わないことがあるとすぐやめてしまう可能性が高い。
入れてみたは良いけど3年以下で辞められたら損失は、
そいつの給料や教育にかかる費用を含めて、
たぶん軽く1000万を超える。
そりゃ企業側(特に中小)も必死になりますわな


それを考えると、
本気で入りたいと思ってる会社に力を傾注した方が
内定もらえる確率は上がるように思います。


しかし、何故か
就活氷河期の原因は
  企業側が採用枠を絞っているからである

というのが通説になってますね。
とりあえず、
大卒総合職に関して求人倍率が1以下になっている
というデータは特に見当たらないような。

不景気だ氷河期だ言われていても、
受かっている人は毎年30万以上いるわけですからね。
採用担当の目が厳しくなることはあっても、
働き口自体はやばいほどは減ってない。

でも確か、
高卒の求人倍率が0.5位というデータは、
朝日新聞に載ってましたね。
大学で総合職を目指しながら
「採用枠が減ってしまった」とかいう人は、
高校で就活してる人に土下座して謝るべきですね。

まあ、
マスコミは大卒の就職浪人が10万人とか騒ぎますし、
就活サイトでは「就職氷河期を生き抜くために」みたいな記事がある。
そういえば就活の対策本でも
「5月くらいまでに一個も内定が出てないと、
企業側から無能だと思われる」
みたいなことが書かれてました。(←実際のとこは不明)
こんな感じで、
正しい情報がなかなか見えないのも事実。

こういった、加工された情報や不確かな情報が多いんで、
焦ってしまう人も多いんじゃないかと思います
この焦りも面接などに悪影響を及ぼす気がするんですが。
不必要に不安になり、
それが顔に出たりすると、受かる面接も受かりませんからね。
そして、
「氷河期で採用枠が減ったから」
みたいな逃げ口上があると、
失敗のフィードバックを阻害しかねませんし…
もっとも、マスコミとしては『学生の気持ちも考えろ!』と
バッシングされるのを警戒してる、
という側面があるのかもしれません。
単純に考えても、
「不況が原因で採用を絞る企業が増えている」

「採用枠絞ってる企業だけが悪い」

とか言った方が分かりやすいですしね。
しかし、
リーマンショック以前から問題はあったわけで、
騒ぐんだったら騒ぐのが遅すぎましたね。

なんだか長文乱文になってしまいましたが、
これから就活する人は注意してください。

最後にコチラ↓

就活生が深く噛み締めるべき歌詞だと思います。

特に「負けたと思うまで人間は負けない」
そう、
採用に落ちることは負けではない。
今の時代、
同じ夢でも、達成する方法はたくさんあるはずですから、
それが一つ上手くいかないからといって
負けたと思ってしまうことこそが本当の敗北
ということでしょう。

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

就活後の展望

就活においては、
ゲーム会社への就職は失敗に終わりました。
しかし、
新しい格闘ゲームを創る
という夢をあきらめる気はありません。

そういうわけで、
いろいろ勉強したりロゴデザインや技を考えたりしております。
(もちろん会社に向けての勉強や卒論もやりますけど)

まずロゴデザイン。
rogo-3-your.jpg
戦闘開始のメッセージも、
最近の格ゲーでは「Round 1」「Fight!!」
といったシンプルなものよりも、
やたらと凝った開始メッセージが多いです。

そんな感じで
「THE WAR MUST ARRIVE」
「CRISIS 1」
「STRIKE YOUR BLADES」というのを考えました。

参考:
ブレイブルー
    「THE WHEEL OF FATE IS TURNING」
    「LEVEL 1」
    「ACTION」

ギルティ・ギア
    「HEAVEN OR HELL」
    「DUEL 1」
    「LET'S ROCK」

北斗の拳
    「THE TIME OF RETRIBUTION」
    「BATTLE 1」
    「DECIDE THE DESTINY」



それと各キャラクターの技表なんかも。
まあ大変なのはこれからですけどね。
技表-三笠

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。