シルバー仮面・第23~25回

【第23回・東京を砂漠にしろ!!】
 市川森一先生的には久々の欝回です。
 フンドー星人に街を破壊させるか、その後のミサイルが町を壊すか、
 という過酷な二択をヒーローに迫ります。
 最初のミサイル破壊では、一瞬何が起きたのか解りませんが、
 数秒後に町が全滅した事が解るので、恐いです。
 一生懸命やったのに市民に問い詰められるのは何度見てもつらい展開です。

 手がフレイルになっているというのは、当時としては珍しかったのではないかと思います。
 『鋼鉄ジーグ』にもそんな奴がいましたが、フンドー星人は生物ですし。

【第24回・標的はあなた!!】
 こちらは、『ウルトラセブン』のビラ星人回とボーグ星人回を足した感じでしょうか。
 物語としては、マイナス要素はありませんが、特にプラス要素も無いかと。
 後に『キカイダー01』でイチロー役を演じる池田駿介さんも
 出演されてました。

【第25回・輝け!! シルバーレインボー】
 おそらく、叔父さんの視聴者評が一番下がる回です。
 「アイツの身体は放射能だらけだ!」
 「シルバー仮面が宇宙人と戦うのは当然じゃないか。」
 等など、普通は思わないか、思っても相手を思って口に出さない台詞がでます。
 後者等、ヒーローだから犠牲にしていいみたいな、本当に独り善がりな発言です。
 一応、兄弟を助けてくれたこともある叔父さんですが、
 それだけに裏切られると哀しい・・・しかも、反省している様子も無い。
 『ジャイアント』の中でも、特に後味の悪い回です。

 内容はそんな感じですが、家を抱えて超空間から脱出するシーンはシュールでしたし、
 必殺技の「シルバードリル」は、インパクトが強すぎます。
 腕や足に装着するのはよくあるが、まさか頭から被るとは誰が予想しえたでしょうか…。
 また、螺旋上のドリルではなく、ストレートドリルというのも画期的だと思います。

【第26回・アンドロメダ 2001】
 これは集大成ですね。
 宇宙の平和の為にと作り上げた光子ロケットで、宇宙から友好関係を結びに来た
 相手を攻撃してしまう・・・本当にやりきれない想いが、
 兄弟達からも伝わってきました。
 しかし、それを仕向けたワイリー星人もまた、『シルバー仮面』敵宇宙人の、
 集大成と言える極悪人です。見た目は怪獣ですが。

 最後は、ツッコミ所はあれど、贖罪と、未来への新たな希望を込めて
 宇宙に旅立つと言う壮大なものです。

 ところで、ワイリー星人は宇宙人なのに見た目はどう見ても怪獣。
 あんまり知性があるようには見えません。やることはゲスの極みですけど。
 デザインについては、予算が無かったのか
 「貧相なザラガス」とかそんな感じになってます。
 でも、デザイン画だと、グドンのスマートさとザラガスの量感を
 同時に表したような格好良いヤツなんですけど・・・


スポンサーサイト

誕生!超異色仮面ライダー!(ゴースト感想)

【変身!新仮面ライダーゴースト!】
 ライダーは実は死んでいる、と言うのは『555』を思い出しました。
 「平成2期風555」みたいな感じになるんでしょうかね。
 敵も、やはり幽霊的な連中に見えましたし。
 まあ、昭和ですと『V3』からは瀕死の重症→改造で復活が多かったので、
 そちらに近い可能性も有りますが。

 設定解説が若干長く感じましたが、その分必要な情報は分かり易かったと思います。
 世界観は、響鬼以来の和風ファンタジーな感じでしょうか。
 敵の怪人も和風っぽいですが、響鬼やニンニンジャーの敵ともまた違っているようです。
 武器に取り付く、というと井上敏樹先生がヒーローズで原作を担当している
 『装刀凱』もありますが、それともまた違う感じになりそうですし。

【必殺!ライダーキック!】
 アクションについては、ドライブやウィザードが切れのある動きだったのに対し、
 ゴーストはワイヤーアクション等を使って幽霊らしいアクションが特徴です。
 ライダーキックも、敵を倒す際に血飛沫か煙のようなものが吹き出します。
 「蹴り飛ばす」ライダーキックでない所も、ファイズっぽいでしょうか。

 ムサシ魂は、正統派の斬撃形態といった感じでした。
 父親の形見でパワーアップする点も王道でしょう。

【緊急!余命99日!】
 仙人から余命を告げられて、しかも99日。
 ムサシ魂は、父親の形見だったからすぐ見つかりましたが、 
 他の魂はどうするのか、不安でもあり楽しみでもあります。

【真面目!ヒロイン・アカリ】
 ファンタジー要素が強い本作ですが、ヒロインのアカリは根っからの理系女子のようで、
 幽霊連中のこともなかなか信じません。
 一方で、主人公のタケルの事は普段から心配しているようで、
 今後どう絡むかが楽しみです。

Ultra Battle Satellite 3

【集大成としての最終バトル】
 忍術ネタはファンタジーにも思えましたが、
 最終バトルはネタ抜きで熱かったと思います。
 祭矢・アスカ両者とも出し惜しみの無い技の応酬と、
 更にお互い絶対に負けないという執念むき出しで
 目の離せないバトルになって行きます。
 最後は、アスカの過去と、祭矢が見てきた格闘技で
 勝利を収めますので、まさに集大成ですね。

【格ゲー要素+バキ要素】
 サブタイも「ファイナル・ファイト」ですし、
 やっぱり作者の打見先生は格闘ゲーム等が好きなんでしょうかね。
 (ファイナルファイトはアクションですが)
 表紙の衣装も、何となくドット絵の格ゲーに有りそうに思えますし。

 プロレスラーが空手道場の見学に行くとか、
 『グラップラー刃牙』の影響も受けているなと感じるところもあります。
 走馬灯の件も、『刃牙』や『シグルイ』っぽいですし。
 しかし、全体的には格ゲーっぽい要素を入れることで個性が出ていると思います。
 『ジュウドウズ』の立場が無いとも言えますが。

【書き下ろし外伝】
 新たな敵女性・夕霧(ヨネさん)が登場し、アスカ戦とは別の波乱を呼びます。
 設定説明も多いのですが、ヨネさんの綺麗さや、敵組織のキチガイっぷりなど、
 見所もたくさんあります。
 ただ、せっかくなんですから、祭矢や神辺さんのキメ技も、
 ちょっと見たかったです。
 
 ちなみに、打見先生の次回作は王道漫画とのことで、
 こちらも期待したいですね。


ONE PIECE 79

【ドフラミンゴとの決着】
 前巻で「ギア4」を発動しまして、パワーでは圧倒です。
 ドフラミンゴの猛襲に耐えつつ、最期の一撃をお見舞いします。
 サングラス越しですが、顔の前の方が消えるなど、
 演出的にも痛そうでした。
 瓦礫を跳ね上げるほどの拳も迫力です。

 一方、ドフラミンゴを攻撃しようとするレベッカを制して、
 父親との約束を守らせるなど、全力で戦いつつも見る所は見て、
 守らせるものは守らせている様子も描かれていました。
 また、ドフラミンゴの態度から、天竜人を頂点にした
 世界にも、疑問を持ち始めたように見えます。

【全員で掴み取った平和】
 単純に倒すだけならルフィと、ローかゾロがいれば何とかなりそうでしたが、
 今回は「鳥カゴ」があったため、一般市民を守る必要がありました。
 鳥カゴ対策として、ゾロやバルトロメオ、トンタッタの面々等で、
 工夫を凝らしながら鳥カゴの収縮をせき止めました。
 皆で頑張って犠牲者をゼロにするとは、王道ながら熱くなります。

 「無理だと騒いでるヒマがあるなら手伝え」というゾロの台詞も
 キマっていました。

【サボの過去】
 帳尻合わせ感もありましたが、

【カイドウの顔見世】
 最強の生物とのことですが、
 数々のエピソードがそれが間違いないと証明しています。
 本格的な活躍はしばらく先になりそうですが、
 単純に人間離れした防御力のようで、逆に難敵に思えます。

 「最悪の世代」と四皇との因縁も少しずつ出てきましたので、
 色んな所が目を離せません。

【キャラクター誕生日カレンダー】
 懐かしいキャラから、「こんな奴いたっけ?」ってキャラまで含めて、
 眺めていると楽しいカレンダーです。
 4人くらい重複している日も有りますが、それはそれで凄いですね。
 完結までに埋まりますかね。
 
【その他】
 p.100に誤植が有ります。
 まあ、本編の誤植ではないので小さい問題ですが・・・


テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

ブラッククローバー 3

【アスタの信念】
 仲間に襲い掛かる敵に「相手は俺だ」と切りかかる一方、
 決着が付いたらそれ以上の攻撃はせずに助けたりと、
 いつもの事ながらの王道熱血キャラです。
 そして、ダンジョン探索と会食で、上層部にも大器として存在感をアピールしていきます。

 自分に対する悪口は聞き流し、ノエルに対する悪口には毅然とした態度で
 臨むシーンも描かれ、信念の強さを感じます。
 ノエルとは連携技もありましたし、仲間としては絆が深まりそうです。
 また、アスタの新しい剣は、ある程度他の魔法を纏えるようで、
 今後の連係プレイで色々役に立ってくれそうです。

【ヒロイン達との接近】
 前巻から登場の第二ヒロイン「ミモザ」ですが、 アスタの活躍を見たことと、
 彼に助けられたことで、どうやら惚れてしまったようです。
 (『NARUTO』でいうとヒナタポジでしょうか)
 心なしか、ミモザの顔も少しずつ可愛い描き方になっているように感じます。 
 単純に、田畠先生が描き慣れているのかもですが。

 ノエルのほうも、若干ヤキモチを焼いているようです。
 で、当のアスタはと言うと、二人の気持ちに全く気付いていません。
 そんなわけで、3人の関係がどうなっていくのか楽しみです。
 あの国が一夫多妻OKなら万事解決なんですけども。

 オマケ漫画でノエル達の水着姿も出まして、
 美しい線と体のバランスが見られます。
 ていうか、いつもより女性キャラの線に気合が入っているようなww

【ユノの新技】
 本格的にサシで敵を倒すのは次巻収録分になりそうですが、
 今回はその布石である魔法を習得。
 まあ今回も、敵のマルスをKOしたりしているので(弱らせたのはアスタです)、
 活躍してないわけじゃありません。
 新しい魔法は、風の妖精のような奴を呼び出す能力。
 詳細はまだになりますが、戦力的にも世界観的にも重要になりそうです。

【魔法帝との謁見】
 相手が魔法帝という形式で謁見するのは初めてになりますね。
 基本的に研究熱心で、若者の良い所を伸ばそうとする人柄が描かれます。
 また、平民出のアスタやユノにも差別の目は向けておらず、おおらかなようです。
 ただし、仕事の話は大真面目で、魔法帝の条件も「実績だ」と語り、
 その辺は妥協しない人のようです。

【質問団と絵画団】
 『ONEPIECE』でいう「SBS」と「ウソップギャラリー海賊団」的な企画が
 始まるようです。
 時々センターカラーをやったりと人気も軌道に乗って来たからでしょうか。
 これは是非とも応募したいですね!

【その他】
 アンチがよく言うのが「主人公ばっかり活躍」ですが、
 本作はあくまで仲間と協力して敵に立ち向かう漫画、つまり難癖どころか
 「欠点の捏造」なので、読んだ事のない方は注意してください。


プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード