スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30の発明からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)

歴史と言うと、政治や経済の話になりがちで、それはそれで大切なのですが、
この発明から歴史を読み解くと言うコンセプトは非常に面白いと思います。

とはいっても、流石に300ページ程度で各発明を詳しく書くのは無理。
基本的には「広く浅く」の話になります。まあ、細かい話は専門書で、と言うことになりますかね。
ただ、地域別の話題も多い為、発明史を俯瞰するには最適な本だと思います。




以下に、30個の中から個人的に興味を持った項目を挙げていきます。

・酒
 自分もお酒は大好きですが、各地域の歴史や役割が興味深いです。
 メソポタミアにビールがあるのは知っていましたが、7,000年も歴史があるとは驚きです。

・文字
 絵から発展していく過程が紹介されますが、その中で「契約」の登場は面白い話です。
 所謂くさび型文字の石版が、何故契約に向いていたのか、文字や契約の歴史を知る上で
 大切な要素だと思いました。

・ガラス
 何気なく目にするガラスですが、量産されるようになるのは結構最近だと言うのは、
 この本で知りました。原理的にも面白い話です。
 また、メソポタミアでのガラス作りも、経験則からでも作れそうと言うのがわかりやすかったです。

・鉄
 人類が最初に使った鉄が、○○だったとは。(異説があるのかは分かりませんが)
 科学技術的にも面白いですし、一方それとは違ったロマンを感じさせてくれる話でした。
 
・ゴム
 鉄やガラスと同様、日常生活から最先端科学まで使われるものですが、
 植民地や戦争等重い歴史の上にあることも同様なようです。
 仕事で有機溶剤に強いパッキンを探すのに苦労した事がありますが、
 その理由も解りました。

・ロケット
 こちらも、戦争の道具として発展した歴史があります。
 戦後は(東西冷戦の産物と言う側面もありますが)ロマンを乗せたロケットとして
 発展する歴史も知る事が出来ます。
 しかし、最近はまた兵器としての研究開発も盛んなようで・・・

・蒸気機関
 やはりワットが有名ですが、彼が蒸気機関を作る前の蒸気機関や、
 彼が加えた改良等がわかります。
 原子力の核分裂の発電や、完成にはまだ掛かりそうですが、核融合発電でも、
 ようするに蒸気機関になるので、まだまだ発展しそうです。

・ダイナマイト(火薬)
 TVゲームの『クラッシュバンディクー』でも、触るだけで爆発する「ニトロ箱」がありましたが、
 それを如何にして実用的なものにしたかがわかりやすかったです。
 しかし、便利なものには危険な使い方もあると、改めて実感させられます。

・ペニシリン
 失敗を如何に成功に結びつけるかが大切とされますが、
 このペニシリン開発もそうした苦難の歴史があると、知ることが出来ます。

・半導体、コンピューター
 これは、自分の専門ではないので、図が欲しかったところです。
スポンサーサイト

「ワンパンマン」OP主題歌「THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~」

アニメ第一話を見た段階で「この歌のCD欲しい!!」と思ってましたので、購入しました。
(発売日を調べていなかったのが不覚)

元々ワンパンマンの作品に合う曲・歌詞だと思っていましたが、
歌詞の2番を聞いても、サイタマ先生の生き様にピッタリで(庶民的な部分はともかく)
よりこの歌を好きになる事が出来ました。

一緒についてくるDVDも、素晴らしいPV(と収録風景)で、お得ですね!


背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜 1巻感想

なんとなくヤング向けっぽい絵だと思っていましたが、
ヤングマガジン系列で描かれていた方なんですね。

ガチで熱い『火ノ丸相撲』に比べると、
全体的にはほのぼのした雰囲気といったところでしょうか。
もちろん、メンバーがいい加減な気持ちでやっているわけではなく、
主人公が興味を持ち始めるところから入ると言う流れです。
コミックの帯にあるように、メンバーがダンスに青春を燃やしているのも、
また変わりません。

作画面でも、ダンスの格好良さをきちんと描いているという感じです。
女性キャラの衣装バリエーションが多いのも魅力でしょうか。
立ち方の描き分けもやはり分かりやすく、先輩達の立ち姿は非常に格好良い。
自分はダンスの知識はゼロに近いですが、
作画もストーリーも分かりやすく、知識ゼロから楽しめる漫画でした。

ヒロイン(メイン?)の亘理ちゃんが、スマホでロシア語を調べて、
日本に馴染めてないロシア人少女ターニャに挨拶をするシーン等も、
さりげなく良かったです。


火ノ丸相撲 7巻感想

これまでの大会ネタも熱いシチュエーションばかりでしたが、
それらの更に上を行くほど熱い戦いが見られます。
いったい、どこまで熱くなるんでしょうね、この漫画。

以下、基本ネタバレなので、
読んでない方は注意してください。

【蛍VS間宮】
 これまでの作戦で、完全に不意を付くことに成功した蛍。
 間宮のほうも、一瞬何が起こったのか全く分かっていませんでした。
 
 しかし、現実は無情。
 不意は付けたのは間違いありませんが、不意を付かれたくらいで、
 試合に支障が出るほど甘い選手ではありませんでした。
 結局、体格差、体力差、経験差全てをぶつけられてしまいます。
 とはいえ、小柄な体格を活かして、土俵を引っ掻き回す戦術は、
 今後に活かされそうです。

【国崎VS荒木】
 似た経歴や目標を持ち、大会前にも一瞬だけ戦った二人。
 予想通り、壮絶な投げ合いの欧州で、目を放す隙がありません。
 レスリングVS柔道では甲乙付けがたかった試合でしたが、
 国崎が見せた柔軟性とコピー能力が、勝負の分かれ道になりました。

 本誌で始まった個人戦の方もそうですが、
 相撲だけでなく、総合格闘技選手としての才能も見せ始めています。

 戦術面だけでなく、メンタル面での変化もあり、
 負けた蛍に嫌味を言う荒木に向けた表情は、
 「仲間を侮辱されたことへの怒り」に満ちていました。

【ユーマVS金盛】
 不良の更正ものとして面白かったユーマがらみの物語ですが、
 金盛の方は不良が嫌いな様子。
 ただ、準国宝とまで言われるを押し倒すにはいたらず、
 こちらは残念でした。
 空手なら、技あり2本でユーマの圧勝だったんでしょうけど・・・

 あと、蛍と違って来年はありませんが、個人戦での活躍にも期待です。
 空手に師匠に教わった技も、まだ未使用ですしね。

【大関部長VS真田】
 こちらは、「不良に苦しめられてきた人対決」です。
 どちらも相撲が大好きで、不良にもめげずに頑張ってきた人物。
 また、後輩思いで、後輩に余計なものを背負わせないように頑張っています。
 
 一方、真田から大関部長への感情は今回明かされます。(後付設定かもですが)
 勧誘しても全く部員が集まらないのに、黙々と一人稽古をする姿には、
 「敵ながら天晴れ」を超えて「どうしてそこまで頑張れるんだ!?」という、
 ある種の恐怖を感じていたようです。
 
 試合も、実際に接戦で、決着も本当に僅差と言う感じでした。
 結果は、大関部長の勝利で、対象戦につながります。


デビリーマン 2巻



【役に立った設定】
 前巻では、設定上全財産を失うと悪魔に殺されてしまうが
 全財産を賭けるほどのバトルが無いと書きました。
 しかし、この巻収録のマドギワーが以前契約していた相手の回と、
 マドギワーと和の関係を描き切った最終回ではそれが活かされます。

【話の纏め方】
 連載だと、最後の一ヶ月くらいで風呂敷をたたんでいました。
 和の過去とか、気になる部分もありましたが、その説明をされるよりも、
 今回のようにマドギワーとの関係が優先されてよかったと思います。

【引き出し不足】
 「塩」程ではありませんが、どうしても引き出し不足を感じてしまいます。
 看護師の回は、読切として見れば非常に面白いのですが、
 連載漫画の一話としては、和もマドギワーも蚊帳の外過ぎます。
 また、カタルシスという点では、結局第1話を超えられなかったかなと。
 
 次回作までに、この辺はしっかり改善して欲しいところです。

【作画と売上】
 アマゾンの売れ筋ランキングや、2ちゃんねるの売上議論スレを見ますと、
 売れていない感じがします。
 やはり、作画の問題でしょうかね。
 まあ確かに、線は汚いし、所々デッサンやパースがおかしい。
 なのに無理矢理オネショタ風呂とかやるから…
 というか、何でデビリーマンに小畑先生を使わなかったんだ!?
 (大場つぐみ先生には一年くらい待ってもらって)

 全体的に見ると、漫画家は画力の問題からは逃げられないと改めて感じます。 
 (『カイジ』とかのレベルなら変わってきましょうが)
 逆に言えば、ここまで「絵さえ良ければ・・!」と思える作品も中々無いです。

<<ネタバレ注意>>

(読んでない人はとにもかくにも、まず読んでください!
 最終回だけでも、買って★5個付ける価値はあります)

【独創的な最終回】
 第1話も個性的で面白く、カタルシスがあったわけですが、
 最終回はしんみり、というか泣けます!
 マドギワー(と婦警のるり)との思い出作り(人工流れ星)の為に全財産を使い、
 マドギワーとの契約を終わらせます。
 人はいつか死ぬもので、いつどのように死ぬかが問題になります。
 そんな中で、和は、マドギワーに殺されると言う道を選びます。
 あまり友達もいなさそうで、ホームレスのおじさんたちもまた、
 和にとっての家族や友人にはなれなさそうで、マドギワーは唯一
 一緒にいたい相手だったのでしょうか。
 悪どい少年の最期と思うと、涙が出てきます。

 といっても、人間としての生を終えたあとは、悪魔として生きる訳ですが。
 ハッピーエンドともバッドエンドとも一概には言えず、
 色々な面で印象深い最終回でした。
 また、過程はどうあれ、最終的な着地点は決めていたんじゃないかとも思えます。
プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。