スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパから民主主義が消える (PHP新書)

【第1章・そもそもEUの目的は何か】
 昨年取り沙汰されたギリシャの歴史、フランス発祥の民主主義の歴史、
 ECSC~EUの歴史、そして日本との対比がざっくり解説されます。
 ECSCが出来たのは、無闇に戦争をするよりも、
 なんとか調整していこうという話から生まれましたが、
 いつしかそれが別の形になってしまった。その走りの章です。

【第2章・EUの仕組みと各国の思惑】
 そういえば、EUのシステムについてはほとんど知らなかったのですが、
 手短に解りやすく纏まっています。
 そして、各国がEUに期待するものの齟齬がどういったものか、
 ドイツやイギリスのような豊かな国と、そうでない国の違いが、
 解説されます。
 キュウリの話など、半分雑学のようであっても、
 実際に経済に与える影響が書かれていました。

【第3章・ユーロの理想と現実】
 ギリシャが粉飾してまで何故ユーロ入りしようとしたのか、
 その辺りの背景と、それに対して他のEU諸国はどうしたのかが
 解説されます。
 ギリシャの状況は、文字を読んでいるだけで悲惨さが伝わります。
 ついでながら、日本にいると解らない“日本円”の凄さも解ります。 

【第4章・ギリシャをデフォルトに出来ないEU】
 ギリシャに対して強硬姿勢を崩さないドイツですが、
 一方で他のEUと合わせてデフォルトに出来ない状況が書かれます。
 共通通貨を使う上での、裕福な国とそうでない国の違いが、
 ここでも出ているようです。

【第5章・EU強国の実態】
 ドイツが両対戦の敗戦国にもかかわらず、何故EUの中心になれたのか。
 その経緯やドイツ側の努力が紹介されます。
 一方で、ドイツの一人価値に対する近隣国の反応と、
 それに対してユーロが導入された経緯も解説されます。
 5章の最後のほうでは、ドイツが表向きに言っている事と、
 現実の乖離も感じさせられました。

【第6章・人道主義のツケ】
 ドイツ基本法(憲法)では難民を保護すべきとされているそうで、
 現在もそれに則って難民を受け入れています。
 しかし、実際に大量になだれ込んで来ると、物理的に捌ききれません。
 また、難民受け入れの協定が、割と面倒臭いもので、
 それも話が拗れる一因になっているようです。
 ただ、ある意味ではドイツが掲げてきた人道主義で、
 ドイツ自身が苦しめられているようにも感じられました。

【第7章・対応に追われるEU諸国】
 いくら追い返そうとしても流入してくる難民に、
 EU諸国も対応で疲弊する様子が書かれます。
 一方、中東外交をやり直す動きも書かれます。
 ただ中東問題は、そもそもイギリスの三枚舌外交等、
 ドイツ以外が原因なのに、一番重荷を背負っているのがドイツや、
 中東に近い南欧というのも、違和感を感じます。

【第8章・新たなナショナリズム】
 EUが膨らみすぎたせいもあってか、その恩恵を受けられない人々には、
 むしろナショナリズムが浸透している様子がかかれます。
 国境の復活、右翼政党の台頭、独立運動等など、
 ナショナリズム的な兆候は見られます。
 
 一方、テロの根っこはまだほとんど解決できていないことも、
 触れられ、そしてそれは日本人にも無縁ではありません。

【終章・今後の日本】
 TPP(EUのような貿易の自由化)が農産物や文化に与える影響や、
 今後日本に難民が押し寄せる可能性が書かれます。
 農産物は国産志向が強いから、とも思っていましたが、
 やはり考えておいたほうが良い事柄のようです。


スポンサーサイト

ベストブルー 2 (ジャンプコミックス) 



【意外と熱いライバル】
 サブタイ「ライバル」は、11話で主人公・青野とライバル・尾永が、
 本気でぶつかり合う回です。
 尾永は、序盤で主人公を舐めてボロ負けの噛ませ犬かと思いましたが、
 (『相撲』でいう花沢商業みたいな)
 この巻では「デートに行く」とか言いつつ一人で残業練習に明け暮れる等、
 意外と熱いスイマーだと分かります。
 そんな彼が、初めて主人公を苗字で呼ぶシーンもまた良い。
 ここまで熱くなるとは、1巻収録分では予想外でした。

 作者の平方先生も、作中では好きなキャラとのことで、
 ライバルが上手く描けるのは漫画家として凄いことだと思います。
 しかし、尾永のキャラ的にコイツが主人公ならもっと売れたのか、
 と言うとそういう訳にもいかなそうで難しいです。

 また、戦いに負けた尾永の雰囲気は、なんとも悔しさの伝わるものでした。

【ライバルに対して主人公は…】
 尾永が予想以上の熱さを見せた一方、主人公は普通。
 前巻で「逆境が無い」と描きましたが、それを引きずっています。

【作画】
 こちらも、若干身体のバランスが悪いコマも見られますが、
 全体的には悪くないと思います。
 まあ、激しく動くシーンでは、デッサン崩れよりも、
 迫力のある構図を意識しているんだろうとも思えました。
 水泳帽と海パンでキャラデザがワンパターンになりそうなところも、
 チラッと出ている前髪で個性を出したりしています。
 
 鮫や竜の描画も悪くないので、
 次回作は、作者さんが本当に打ち込めるネタの作品を描いて欲しいです。

【読切版】
 こっちの方が主人公・青野のキャラが立ってましたね。
 強調させようとしているようで、一番マイペースとか。
 主人公以外のの部員も、読切版の方がキャラが立っていて、
 それぞれの得意技が理解しやすかったように思います。
 連載版も、もう少し部員の数を絞ったほうが良かった気がします。

 作画は流石に連載版の方が上手いです。

SHONANセブン 06 (少年チャンピオンコミックス)




釘バットの似合う金閣が表紙ですが、釘バットの活躍はありません。
この巻は、ほぼ二年生との戦いがメインです。

【伝説の巨人・飯塚】
 黒神が対峙する、文字通り2mを超える巨漢です。
 銀閣以上に頑強で、さしもの黒神も、普通の攻撃ではダメージが与えられません。
 巨体から繰り出される打撃も強力で、黒神を追い詰めて行きます。

 黒神側は、結城戦よりも豪快に地の利を活かした攻撃を展開。
 ワル賢いのは相変わらずですが、ある意味不良らしく戦うスタイルを貫きます。

【ブッチャー・小淵】
 こちらは、ストレートな不良の先輩キャラと言った感じです。
 デブっぽいのに意外と素早く、プロレス技も伊達ではなく威力は十分。
 車で轢くよりも金閣をボロボロにしたのではないでしょうか。

【マダーエンジェル・東郷】
 今の所、1年の三人が束になっても敵わない強敵です。
 ぱっと見ヤサ男ですが、上條の攻撃をことごとく受け流して、本人は余裕。
 セブン本戦参加者の格を見せ付けます。
 こいつとはセブン本線の前にもう一悶着ありそうで、次巻が楽しみです。

【カッキーの活躍】
 真面目に戦おうとしない東郷に対して喝を入れに登場します。
 サービスもアリで、何故か選考戦で票を獲得。
 盛り上がる一年生と、珍しく困る先輩方のギャップも良かったです。

女子学生はなぜ就活で騙されるのか 志望企業全滅まっしぐらの罠 (朝日新書)

【どういう人にオススメか】
 タイトルは『女子学生はなぜ就活で騙されるのか』ですが、
 男子学生が読んでも役に立つことは多いと思います。
 また、あくまでヒントですが、これから女性総合職を採用したり、
 女性総合職の後輩・部下を持つ可能性がある人にも役立つ本かと思います。

【第一章・世間の空気】
 やはり後ろ倒しと聞いてのんびりしてしまった学生が多かったのでしょうか。
 イマイチ経団連や行政の思惑通りに学生が動いていないと感じさせられます。
 一方、後ろ倒しを歓迎するコメントも掲載されていて、それを読むと、
 就活も勉学も真面目にやっている学生にはむしろ有利な側面も見られます。
 やはり、世間はどうあれ、大学3年になったあたりから、
 就職課主催の講座に参加する、対策本を読む等しておいた方が良さそうです。

 「絶対参加出来ないインターン」というのもありまして、
 自分は存じませんでしたが、読むとどういう意図で作られるのかが解ります。

【第二章・親の意見】
 やはり、成功談失敗談問わず、現状を見ずに自分の経験やイメージでしか
 語れない人はいるようです。しかし、親だと断りづらいのも事実。
 といっても、本当にモンペレベルでなければ、この本を読んでもらうだけでも、
 「今の一般職と総合職」等については大分イメージを変えてもらえるかと思います。

 地元企業への就職や公務員・教員になる難しさも、色々解ります。
 (自分は公務員は目指さなかったので、その辺知らなかったのもありますが)
 親に就職地域の件で言われた場合の選択肢は、5章に詳しいです。

【第三章・大学の本音と建前】
 「役に立たない資格取得まで推奨する大学はどうか」と思っていましたが、
 大学にも意図があったようで、その辺は恥ずかしかったです。
 ただ、『就活のバカヤロー』でも指摘されていた通り依存する学生も
 多いかと思うので、もう少し意図を透明化してもいいのではと思いました。
 資格といえば「自動車運転免許」でも、ちょっと意外な話が出てました。
 
 面接での、学部等の説明は、カタカナ語が入っている学部学科に限らず
 どういう学部学科でも留意しておくべき内容だと考えさせられました。

【第四章・就活産業の闇】
 セミナー関係では、「実績:○○人」等のカラクリや、
 具体的にどういうことをするのか、
 本当に必要か見極めるポイントは何か等が紹介されています。
 (個人的には行かなくて良かったと安堵したり)

 ナビサイトにお金を払うのは学生ではなく企業なので、
 学生不利もある程度は仕方の無いことかもしれません。
 一方で、ナビサイトと上手く付き合うヒントや
 サイトを経由せずに説明会に参加するヒント、
 ブラック企業か判断するヒントもあるので、
 実用的です。

【第五章・企業と学生の乖離】
 「専門職志向」以外の2項は女性に多いと考えられる問題です。
 (自分の同期には女性技術者の後輩が出来たので、他人事でもないですが)
 女性進出のデータに関しては、まだどこも集めている最中でしょうが、
 やはり制度や目標に現場の精神が追いついていないように感じます。
 しかし、こちらもヒントに出来そうな事はあるので参考にしていきたいです。

 「専門職志向が強すぎると」の項は概ね男女共通。
 採用でのミスマッチや理想と現実の差など学生のうちから意識しておいた方が
 良さそうな内容です。

【気になった所】
 全体的には役に立つ本で★5個です。しかし、気になる所は
 タイトルで言うほど女子学生・女性会社員メインでは無い事。
 5章以外は「女性に多い」というデータ等も無いです。
 中身では内定率や就活開始時期のデータが見づらかったと思いました。
 (データは文字だけではなくグラフが欲しかったです。)


イスラム化するヨーロッパ (新潮新書)

イスラムと欧州の関係が中立的に書かれている本です。
パリのテロ事件後の為か、フランス関連の話題や取材内容が多目です。

【なぜ若者はテロに走るのか】
 豊かなイギリスやフランスで何故テロリストがという疑問もありましたが、
 どうも白人至上主義が抜け切らない現状が窺えます。
 自由が宣伝されるほどに、自由でない時の失望は大きいでしょうし。
 「ホームグロウン・テロリスト」を生み出す土壌がどんなものか、
 解りやすく解説されています。 

 一方で、単にフランスを落とすだけではなく、
 テロリストどのように白人社会に失望した若者を取り込んでいくのか。
 その手口なども紹介されています。
 また、テロリストでないイスラム移民も、移民として受け入れてもらう以上、
 折り合いをつける努力はある程度必要ではないかとも考えさせられます。

【欧州からイスラムへの偏見】
 著者・三井氏の取材ですと、ヨーロッパ人からイスラムへの偏見も
 まだ根強いと感じます。(回答の全文、全数が載ってるのではないでしょうが。)
 この本に掲載されている「強権的な父親」の事例も、
 日本で言えば「女は一般職」と言い張るようなタイプで、イスラム教と言うよりは、
 個人の問題に思えました。やはり偏見解消は難しいのでしょう。

【イスラム側の努力】
 移住者であるイスラムも、上手く事業を起こせるよう努力していた話も紹介されます。
 結局フランスに潰されてしまったようですが、こういうイスラム側の努力は、
 多くの人々が知るべきことだと思います。

【ポピュリズム・ナショナリズムへの動き】
 ドイツのメルケル首相の主張と、周辺諸国との乖離や、
 移民排斥を主張するフランスの国民戦線や、ドイツのペギーダ等が纏められています。
 また、スウェーデン等これまでは移民に寛容であった北欧諸国の変化なども。
 (ルペン氏は、朝日新聞デジタルのインタビュー記事でも過激な事を言ってましたし。)
 ここでも、テロとポピュリズムの悪循環が解ります。

 「欧州の革命は都市から始まる」などと言いますが、
 国民戦線やペギーダの項を読むと「地方から始まる」ということもありえましょうか。
 (良い悪いは別にして)

【今後】
 2016年のアメリカ大統領選でのトランプ氏や
 2017年のフランス大統領選での国民戦線・ルペン氏等は、
 今後の著書で語って欲しいと、この本を読んで感じました。


寒中見舞い~ブラッククローバー

2015w-daybreak-s.jpg
「あんたがトロいから手伝ってあげたんだからね!」

今冬は喪中につき年賀状を出さないので、代わりに寒中見舞いイラストです。
個人的に今年一番燃えた漫画『ブラッククローバー』から、
「ノエル・シルヴァ」と「ミモザ・ヴァーミリオン」の冬服を描きました。
ノエルは黒の暴牛のイメージで黒いコートに、アクセントで赤めのマフラーを。
ミモザは金色の夜明けのイメージで、薄い黄色のケープという感じです。

シチュエーション的には、アスタの雪だるまを作ろうとするミモザを、
文句言いつつも手伝うノエルと言う感じです。
アスタへのツンデレはもちろん、トリにまでツンデレかますのがノエルですから、
まあこういう流れになると思います。

彼女達の片想いは成就するのか、その辺も含めて来年も楽しみです。
プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。