スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・映像の世紀~映像の危険性、そして可能性

【第1集・世界の呪縛~第一次世界大戦】
 前回とは別の視点で印象的なのは化学兵器。
 前シリーズでもWW1の化学兵器の話題はありましたが今回はハーバー博士にスポットを当てて紹介されます。
 「ドイツの兵士を救える」と信じて毒ガスを研究した博士ですが、結局それによって戦火は拡大。
 その後、ナチスの迫害に利用され、博士自身にも実害があったとは皮肉なものです。

 謀略戦は、新シリーズでの特集ですね。
 悪名高い三枚舌外交で、アラブを良いように使い、美化映像を作るとは、イギリス人らしいしたたかさですね。
 列車爆破は、『アラビアのロレンス』でも描かれましたが、やはり生々しい感じがします。
 ドイツ側もロシアにレーニンを送り込み、東部戦線解決に漕ぎ着けますが、
 その後ロシア(ソ連)がドイツを分断と、これまた皮肉なものです。
 その他、場賠償金問題や若き日のヒトラー、パレスチナ等、色々な火種についても紹介されます。

 裕仁親王の言葉もまた、深いものを感じました。

【第2集・偉大なる一族の影と光】
 前シリーズでは、一般大衆がメインでしたが、今回はグレートファミリーをメインに描かれます。
 石油王・ロックフェラーが石油の富を独占する過程も描かれています。「5セント」の話は面白いですね。
 (そういえば、ディズニーのスクルージさんも、5セント硬貨を大事にしてたような)

 「自由貿易が世界を平和にする」という話は、後の軋轢にも繋がるように思います。
 「株を担保に株を買う」とか「パチンコの勝ちをアテに借金」みたいなもんですから、
 なぜだれも止めなかったのか・・・。恐慌後のロックフェラーの発言は、お金持ちの美しい言葉です。 
 ロックフェラー家が作ったトレードセンターに、資本主義伝播の歪が・・・と考えると因果なものです。
 
 ただ、このウォール街に支配された大統領制度に良くも悪くも楔を打ち込むのが100年程後の
 不動産王・トランプさんと言う事でしょうか。

【第3集・大衆迎合主義の沸騰】
 恐慌からWW2までの歴史が、ドイツを軸に紹介されます。
 新旧シリーズで主役を張る辺り、ヒトラーの凄さと言えます。
 流れとしては、前シリーズとほぼ同じですが、当時の知識人や有名人が、
 WW2をどのように捉えていたのかを知ることができます。
 前シリーズでは兵器や戦術の話がありましたが、それ以外にも様々な最新技術が使われていたとわかります。

 恐慌後から大戦前半までの、ドイツでの繁栄が伝わってきます。
 一方、大戦末期になると、ヒトラーもかつての覇気はなくなったようです。
 
 ユダヤ人関係の映像は悲惨そのもの。何度見ても心が痛みます。
 しかしまあ、昔の黒人貿易なんかとどちらが外道かと問われると、回答に困りますが。

【第4集・冷たく不毛なオセロゲーム】
 米ソの、勝ったからと言って得をしないオセロゲームのせいで、世界中が大迷惑というお話です。
 アメリカも、ドミノ理論に取りつかれて、冷静な判断が出来なかったようですが。
 東ドイツについては、痛ましい話ではありますが、第1集を踏まえると、自業自得ともいえそうです。
 ただ、国がやらかした悪行は、孫辺りにブーメランが返ってくるという意味では奥深いです。
 前シリーズでは、アメリカとベトナム・カンボジアの関係が語られましたが、
 今回はイランとアメリカの関係も語られます。
 更に、若い頃のビンラディン(ヒゲを蓄えてますが、当時20代前半?)など貴重な映像もあります。

 湾岸戦争時の「命中した精密爆撃だけ放送する」という話もしてほしかったのですが、
 冷戦とは直接関係ないから出なかったのかもしれません。
 
【第5集・戦争に勝利した映像】
 TVの普及で、映像がより身近になった時代。
 ベトナム戦争の映像を見て立ち上がった若者たちの物語です。世の中を良くしたいと考え、
 体制側の暴力に対抗する姿は、現代の目で見ても勇気を与えられるものです。
 また、チェ・ゲバラ等大戦後の英雄や、若い頃のホーキング博士も紹介されます。
 
 一方で、中国での話などは、代案を持って既存のものを否定するのか、
 何でもいいから既存のものを否定するのかの違いや、後者の危険性も見せられます。
 チェコスロバキアやキューバは、前者なのでしょうが。

【第6集・映像が持つ危険性と可能性】
 やはり大きな出来事と言う事で、911同時多発テロが紹介されます。
 自分は当時中学生でしたが、ひどくショックと恐怖を覚えた映像です。
 ただ、当時はそれがどういう意味を持つのか解りませんでしたが、
 中東とアメリカの関係史を勉強したうえで見ると、また違った映像として見ることができました。
 アラブの春についても、勇気を与えた結果、さらなる混乱を引き起こしたとも描かれます。
 そして、感情を共有し、喜びや希望を分かち合える一方、恐怖や不安が増幅され、
 悪い方にいくという可能性と危険性の両側面を表していました。

 同性愛者ジェイミー君の映像は、やはり心が痛みます。
 しかし、これが共感と、また理解者の増加、また勇気を与えるなど影響が紹介されます。
 性的に限らず、映像がマイノリティーに与える希望と可能性も、紹介したわけですね。
 また、もし将来性的マイノリティーがマイノリティーでなくなった場合、
 この映像は大変意義を持つと思います。
 (放送時からゲイについて長いという指摘はありましたが、6分/49分位です)

 ほとんど演出ですが、冒頭で火星から地球を臨むシーンは印象的です。
 まあ、これも映像の技術ですし、テロリストを探す映像解析なども紹介されるので、
 これはこれで「映像」というテーマに沿ったものですかね。

【新旧シリーズの比較】
 前シリーズは「映像を軸にした歴史番組」で、新シリーズもそうですが、
 「人々が映像とどう向き合ってきたか」も紹介されます。
 第1集では、映画館で夫や息子を探す女性、
 第5集では、テレビを見て行動を起こした若者、
 第6集では、21世紀での映像の使われ方と、これらが大きな違いかと思います。
 
 そういえば、「飛行機の翼に乗っているおじさん」は両方ででましたが、
 製作スタッフの誰かが好きなんでしょうか?

【その他】
 内容とは全く関係ありませんが、DVDのケースが、前よりも取り出しやすくなっていました。


スポンサーサイト

ドイツの脱原発がよくわかる本

全体的には、科学技術視点よりも、政治経済優先で書かれています。
国のエネルギー戦略という点で、大事な視点かと思います。

【ドイツの大衆主義】
 もちろん国民の生活や安全を守り、国民の意見をよく聞くことは、大切な事です。
 しかし、エネルギー問題は感情論だけでどうにかなる物ではないでしょう。
 中長期的な国益を考えると、日露戦争時の様に、
 国民を怒らせてでもやらなければいけない事があると言うことです。
 ドイツ政府も、日本よりは地の利があるので、何とかやっているという事が解説されます。

【電力の基礎と歴史】
 第2章では、各発電方式の出力やコストの比較が紹介され、また最近の揚水発電に
 ついても触れられます。化石燃料を輸入に頼る日本において、
 原発を使わない事がいかに経済を圧迫するかという事も解説されます。
 しかも、化石燃料の消費が増えた分産業か発展するなら良いのですが、
 現状維持の為に消費だけ増えるのはいただけません。

 風力や太陽光で、送電の方が忙しくなるというのは知らなかったので、
 勉強になりました。

【再生可能エネルギーの矛盾】
 第3章では、風力や太陽光を育てるための制度で、
 一般人や電力会社がどのような負担を強いられているかが解説されます。
 しかも、バックアップの為に火力発電所を持っていなければいけないし、
 火力の石炭が環境に悪いと、原発持ちとどちらがマシかとなりそうです。
 環境に優しい再生可能エネルギーの為に、石炭を使わなければならないとは酷い矛盾ですね。

 この本について言えば、ここまで書くなら
 「風車やソーラーパネルを作るのにどの程度化石燃料が必要で、
  それは火力発電所をどの位動かせば達成できるか」というようなデータも欲しかったです。

 それと、日本風力と太陽光で言えば、台風や雨、雪が多いので、
 日本でそれらをやると効率が悪いというのも書いた方が良かったように思います。 
 (うろ覚えで恐縮ですが、強風時は風車は止まったような)

【エネルギーは欲しいが、傍に置いて欲しくない】
 厄介物を抱え込みたくないのは分かりますが、
 原発の次は送電線の敷設も反発を食らっているようです。
 日本の保育園問題もそうですが、問題点があるから止めろというだけで、
 問題点に対して解決策を準備する気がないように思えます。
 この辺もポピュリズム的と言いますか。

【日本の問題点】
 ドイツの制度を真似た日本の問題点が紹介されます。

【放射線の怖さとは】
 基本的になポイントが解り易く説明されています。
 チェルノブイリでの報告や日本と旧ソ連の差などがありますし、
 また放射線に侵された食品危険性等についても紹介されます。
 確かに、放射線は危険として、どこの器官にどの程度害があるのかは、
 あまり言及されてこなかったように思います。
 銀座の放射線はほとんど雑学ですが、データの分析は面白いです。
 ただし、やはり楽観側の見解、として見た方がいいとは思います。

【放射性廃棄物の処置】
 廃棄物はとんでもない害悪、というのは考え過ぎと解説され、内容も解り易いと思います。
 不安要素は少ない方が良いので、日本国内の処理場についても触れて欲しかったと感じました。
 廃棄物も、ロシア辺りが引き受けてくれれば楽なんですが、
 ロシア人がそうWin-Winの関係等作ってくれるかと言うと…


知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義

【序章・21世紀の政治家達】
 やはりトランプさんの話題は出ました。
 ただ、本書で特筆されていることは、「大口献金への無依存」です。
 極右極左で分かれるトランプ・サンダースも、ここは共通。
 危険性はある一方、既存のシステムへの不信不満は大きいようです。

 そして、世界の覇権を目指す習近平・プーチン等の面々についても
 語られます。あらたな帝国時代、いや世界的戦国時代ですかね。

【第一章・イスラム国とその変遷】
 欧米がアラブ諸国の「平和的なカリフ誕生」を邪魔し続けたことと、
 何とかの一つ覚えで「民主主義・資本主義」をゴリ押ししたことの結果ですね。
 イスラム国の変遷や潰し辛い要因も書かれ、こちらも解り易くまとまっています。
 また、かつての植民地支配の問題なども解説されているため、
 中東を理解する上では一読の価値ありです。

【第二章・ヨーロッパ人の虚像】
 移民問題で割れるドイツもさることながら、
 やはり今年のポイントはイギリスでしょう。
 この本が書かれたのは16年5月なので、池上さんの予想以上に大荒れではないかと。
 それはともかく、ヨーロッパでの、テロ対策や移民対策について解説されます。

【第三章・アメリカ流ピューリタン】
 トランプさんらの話から、アメリカの選挙制度や
 アメリカ流のピューリタンなど歴史にかかわることが紹介されます。
 「戦争は誤算に基づく」なんて言いますが、
 湾岸戦争で父ブッシュが考えた対策でも、フセインは妥当しきれず、
 ビンラディンという新しいアメリカの敵を作ってしまった構図。
 で、息子の方が更に余計なことを・・・からのトランプさんの流れが解り易いです。

【第四章・独裁化が進む中国と北朝鮮】
 習近平さんや金正恩さんがどのようなことを考えているのかが紹介されます。
 ただ、どちらも強気な言動を続ける一方、情報には過敏な様子。
 毛沢東さんやその後からの負債の話もあり、これはアメリカ云々以前に
 危ない国ではないかと思いました。日本もとばっちりを食らわないように
 気を付けなければですけど。
 
 カンボジアの漫画の件は、わりと面白い雑学かと。
 
【第五章・世界の諸問題】
 この辺は話が細かいので、本書を読んで、と言う事になりそうです。
 地球温暖化などが紹介されますが、そこにも世界の貧困問題の影が見えます。
 いろいろ問題はあれど、根っこは一つと言う事でしょうか?

【第六章・安倍政権の動き】
 日本の安保問題は国内でも海外でも、関心事かと思います。
 日本の技術力と財力は、他の国にも無視できませんし。
 やはり、もう少し日本としてどうするのか、考えなければいけないのかもしれません。
 ただ、アベノミクスの現状を見ると、不安もあります。


火ノ丸相撲 10 (ジャンプコミックス)感想

【ストイックな火ノ丸】
体格的にかなりハンデのある火ノ丸ですが、今回は元横綱の指導を受けたりと優遇されます。
周りの大人は体格のハンデに比べれば小さいと感じてますが、火ノ丸本人は恵まれ過ぎと感じています。
こう言うストイックな所も、本人と作品全体の魅力だと思います。

一方、「100円で天丼を用意する」という無理難題に対して、元横綱から一本取るなど、体力バカでない所も見せてくれます。

【並み居る強豪】
高校相撲は豊作と言われる作品世界で、火ノ丸と同格以上のライバル達も出揃います。
前巻登場の日景は、単純に強いのはもちろん、火ノ丸の技を見切る難敵。
しかも、かなりの出しゃばりたがりという、これまでのライバルとも違うタイプです。

話題には挙がっていて焦らされていた天王寺も、次回予告で登場。
それでも存在感はすごいと思います。

【進化する火ノ丸相撲】
沙田を打ち負かした必殺技も、やはり全国レベル相手には何度も通用せず。
この巻でも、そしてこれからも進化し続けることでしょう。
それが横綱の相撲なのかもしれません。

【元横綱の威厳】
駿海さん、やはり力士の最高位だけあって、ものすごく渋いオッサンです。
今でも十分強そうな。
力士を見る目もあり、また指導も手取り足取りではなく、
とにかく自分で考えさせるというもの。

・・・岩竜って、これは『鉄拳』のネタでしょうか。(あっちは大関ですが)

【大関部長の覚悟】
マスクをつけて乱入とか、ギャグ回かと思いましたが、
真面目にやっている回です。
やはり、どちらかと言えば受け身だった大関部長が、
自分の意志で強豪に宣戦布告するシーンは格好いいものでした。


暗殺教室 21 (ジャンプコミックス) 感想

<<ネタバレ注意>>

【餞の時間】
 マスゴミにしつこくインタビューされそうなE組に対し、
 浅野君をはじめとしたA組が校旗を使ってバスまで先導します。
 2学期の期末テストまで張り合ったライバルとして、
 また椚ヶ丘の代表としてE組を祝福した感じです。

【祝杯の時間】
 殺せんせーの件やE組制度の件で職を退くことになった浅野理事長。
 ただ、かつて生徒を救えなかった事、
 そして逆境に負けない強い生徒を作る事を基にした理念は
 ブレていないようです。
 今後は、形は違えど教育理念を貫いていくことでしょう。
 かつての教え子に対する態度も、良い意味で理事長らしかったと思います。

【学び舎の時間】
 後日談では、E組の面々が校舎を修繕する姿が描かれます。
 人生のターニングポイントとして、多くを学んだ思い出の場所として、
 風化させないようにという想いですね。

【それぞれの新しい時間】
 基本的に18巻等の目標の為に、皆一歩一歩進んでいます。
 寺坂は第1話から考えると、だいぶ成長したなと思います。
 神崎さん等、親から反対されていそうな面々も、
 きちんと自分の夢を叶えているのも結構。
 狭間さんは、何だか綺麗なお姉さんになっていましたが、
 高い所にある本を取る時には、きっとあの技を・・・

【襲名の時間】
 1年を通して内面的に大きく成長した渚ですが、
 (肉体的にはあまり成長できませんでしたが、)
 後日談では「先生」になるための勉強に励んでいます。
 教育実習先でも、「暗殺のスキルを教育に活かす」という、
 作品のテーマで頑張っています。
 
 おそらく、渚の中では完成していないと思いますが、
 いずれは「殺せんせー」を襲名してほしいと思います。


動物戦隊ジュウオウジャー トウサイジュウオーセット

【堂々の量感】
 写真でもある程度伝わると思いますが、重量感があって格好いいです。
 子どもが持ったら、さらに力強く頼もしいロボじゃないかと思います。
 まさに、「ザ・ワールド」が乗るのに相応しいデザインと造形ですね。
 量感とギミックの都合で足が動かないのが難点ですが。

【クロコダイル】
 キューブ状から、上手くワニの細長さが出ていると思います。
 ギミックの面白さは、番組でも伝わりますが、
 やはり自分の手で変形させるのが楽しいです。

【ウルフ】
 これまた、デザインもギミックも格好いい。
 キューブを斜めに使って、オオカミのシャープさが出ているかと。
 本編のイメージよりも足が短いのですが、 これはこれで可愛くて良いのではないかと。
 ついでに、「四角なのに、死角なし」もできます。

【ライノス】
 サイでトレーラーというと、『超獣戦隊ライブマン』の「サイファイヤー」を思い出します。
 やはりオマージュでしょうか。 サイダインと合わせて、歴代サイロボット格好良すぎますよ。
 もちろん、ただの焼き直しではなく、他のキューブを引っ張るなど、新しいギミックも多数です。
 
ライブマンからの動物戦隊のロボ好きには、うれしい要素満載のロボかと思います。
(サンバルカンにも、動物ロボがあればよかったのに・・・)


【映画】杉原千畝

【揺るぎない信念】
 ユダヤ人救済にしても、ドイツの動向探りにしても、戦争等理不尽な暴力で傷付く人々を
 一人でも救いたいという強い信念が感じられます。
 作中も、本国に睨まれても、ユダヤ人を救うことを優先しています。
 最初は迷っていたようですが、奥さんの励ましやオランダ領事からの感化、
 また、満州で救えなかった人々への感情も働いているようでした。
 元々ヒーローの杉原千畝ですが、唐沢さんの演技でより格好良くなっていると思います。

【ユダヤの希望】
 イスラエル国歌にもなっている「ハティクヴァ(希望)」
 映画の中でも場面毎に違う歌われ方をするのが良いと思いました。
 いずれのシーンも、曲調と合わせて泣けます。
 (ただ、杉原千畝が助けたので、君が代も歌ってほしかった気も・・・)

 リトアニア領事館に集まっている様子も、藁にも縋る思いが伝わっており、
 それに対して同情を感じる息子の描写もよかったです。

【希望のあるエンディング】
 本作と同じく、ユダヤ人を救った男を扱った『シンドラーのリスト』に比べると、
 秘書、運転手、実業家の息子など関係者それぞれに希望のあるエンディングでした。
 杉原千畝本人も、奥さんと「やっと普通のピクニックができる」と語っていたり、
 新しい時代への希望が感じられました。

【アドルフに告ぐ】
 ユダヤ人実業家が、手塚治虫先生の『アドルフに告ぐ』に登場した、エリザの父親に似ていた気がします。
 あっちも実業家でしたし、似ている俳優さんを探したのかもしれません。

【今後】
 2020年の戦後75周年は、このスタッフで、
 もう一人の英雄・樋口季一郎も作って欲しいと思いました。


プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。