読みきり漫画講座らしきもの③ サブキャラ

漫画において、
メインキャラや悪役はもちろん重要ですが、
同じ位重要なのはサブキャラです。
たいていは主人公かヒロインの身内や親友で、
主人公を応援したり、
ヒロインの気持ちを代弁したり、
主人公視点では描写しにくい部分を解説したり、
時には主人公を叱咤激励したり、
…etc、
とにかく主役に尽くします。

私の漫画では読み切りなので、
サブは森嶋先輩一人に絞りました。(最初は中
多さんや七咲も考えていましたが。)
響さんの事情には詳しそうですし、まあ適任でしょう。
そして、ここでの森嶋先輩の役割は、
響さんの辛い過去を説明することです。
ヒロインに悪い思い出なんかを直接語らせると説明的になりますし、
不幸をひけらかしてる印象も与えてしまいます。
キャラによってはその方が良いこともありますが、
響さんの場合は語らせない方が良いでしょう。

また、事情を知らない、状況が掴めてない
主人公に空気読めてないことを教えるのも仕事です。
ただし、どの発言や行動がKYなのかはやっぱり間接的にしましょう。

あとサブに語らせる重要事項は
過去の話だけにした方が良いと思います。
今のヒロインが何を悩んでいるか見極め、
解決に導くのは主人公です。
サブキャラの仕事はあくまで援護射撃や後方支援。
最大でも、仲直りの場を提供する程度に留め、
そこからの行動に口を出してはいけません。

これと関連して、
クライマックスでは基本的に
主人公×ヒロイン、主人公×ライバル
など出来る限り人数を絞りましょう。
サブキャラがでしゃばるとその分主人公やヒロインが薄まります。
特に、それまでいなかったキャラが突然出て来て解決、
といった流れはかなり盛下がります。
場面を賑やかにしたい場合は、完全に外野として出しましょう。
この場合はほとんどモブキャラ扱いですが。


悪役や障害の重さを測る
のにもサブキャラは働きます。
第三者のサブキャラが心配したり、
慌てたり、怒っていたりする度合いによっても
状況の重さは表現できます。
逆に、サブキャラの反応がそっけないと
「ああ大したことないんだな」と思われてしまいます。
うまい描写ができないと思ったら、その場から外しましょう。

私のでは、普段天然で汚れを知らないような森嶋先輩が
あからさまに敵意を見せています。
また響さん一人よりも、
そいつが響さんを振った相手だとわかりやすいと思います。


ともかくサブキャラには、
露骨に言えば便利キャラ
的な側面があります。
ただし、あんまりにも使い捨てっぽいと
それはそれで後味が悪くなりますので注意が必要です。


ギャルゲーにおいては
大抵「親友キャラ」がいるので分かりやすいと思います。
あるいは主人公やヒロインの両親、祖父母だったりします。

ただ、恋愛物ならともかく、それ以外のジャンルにおいては
メインとサブの明確な線引は難しいかもしれません。

『バックトゥザフーチャー』では、
55年のドク、『3』のシェイマスがサブキャラとでしょうかね。
ただ、ドクはメインと言っていいかもしれません。
シェイマスはキャラ的に大人でマーティーをたしなめ、
勝利した後には祝福します。
『神から未来のプレゼント』だと、
神様はメインかサブかと問われれば微妙な気がします。
ツッコミを入れる天使はサブキャラですね。
この天使ですが、
「神様はブランが行動を起こすと確信していた」
という情報を伝えるのには役立っています。
出番は少ないながらサブとしての仕事はこなしてますね。
スポンサーサイト

テーマ : 同人活動
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード