スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和が、ただ一つ祈りなら…

というわけで今日は終戦記念日

なんかあの日戦争が終わったこと自体に
異議を唱える右な人もいますが
それはさておき

私などはもちろん自分で戦争を体験したことはありません。
しかし、世界のあちこちで以前紛争が残っているのは事実。
決して他人事ではなく、明日は我が身と思う必要があるでしょう。

戦争では人が人を殺す。
私も、ここを読んでいる貴方も
徴兵されればそれを任務として遂行しなければなりません。
ゴキブリを殺しても罪悪感を感じる人は少ないかもしれません。
では、犬や猫はどうでしょう。
そして、戦争で殺すは相手は生身の人間です。

貴方にも大切な家族、親族、友人はいると思います。
当然、戦争で貴方が殺さなければならない相手にもそれがいるわけです。
まだ幼い息子がいるかもしれない。老い先短い母親がいるかもしれない。
人を殺すというのは、そういった人たちから息子を、父親を奪うということでもあります。
貴方が撃った銃弾で死ぬのはなにも目の前の敵兵士だけではありません。

戦争では一般市民が被害に遇うことはもちろん非人道的なこととして報道されます。
しかし、政治家の都合で徴兵された普通の人。
残念ながらそういう人が死んでいっても一兵士としてしか数えられません。
このあたりも戦争の非情さと言えるでしょう。


太平洋戦争中の兵士たちについて
皆で「戦死したら靖国で会おうぜ」と言い合ったという人もいます。
しかし、本当にそうでしょうか。
ていうかそういっとかないとヘタすりゃ殺されます。
そりゃ今とは天皇を崇拝してる人口も違うでしょう。
ですが、キリスト教や仏教の人が靖国に入れられてはたして嬉しいか。

別の視点からも見てみましょう。
もちろん天皇は日本国民を深く愛している方だと思います。
その愛する国民が「天皇陛下のために」と犬死していく。
(特に最後の方は戦略的にも戦術的にも無意味な作戦が多かった)
はたして昭和天皇はこれを本気で喜んでいたのか。
常識的に考えて、有難迷惑などというレベルではないでしょう。

神風特攻隊や人間魚雷回天
未だに正当化しようとする人がいます。
原爆を使用したアメリカは確かに非人道的ですが、
「国の為なら死ねる」という精神を兵器として使用した日本も同罪です。


あと戦争が生み出すものとしては鬼畜と薬中
先述したとおり、戦争で人を殺す、また仲間が死んでいくのは
現場の兵士にとっては耐え難い苦痛です。
そんな中ドラッグや性的な快楽に走ってしまうのです。
今でも従軍慰安婦問題はありますが、
戦争がある限り、決してなくならないでしょう。


なんだか生の戦争を知らないのに偉そうなことを書いてしまいましたが、
逆に自分は知ってるという人たちはこういうことがしっかり分かっているのか。
わかった上で軍拡すべきだと言っているのか。

教師がいじめっ子を殴って更生させたりできるのは
個人対個人で面と向かってやっているから。

駒である兵士と兵士を戦わせる近代戦争で
それは通用しないでしょう。

何が正義で 何が悪かと
判らない時 瞳を閉じろ
愛の光が見えたら
それが命をかけて守るべきもの

という歌がありますが
多種多様な価値観がある現在、
国として本当に守らなくてはならないものを
改めて第三者的に考えるべきなのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。