ジャンプNEXT vol.1 2015年 4/20 号



2年くらい放置してましたが、最近ジャンプNEXTを買ったので、
せっかくなので感想を書きます。
続き物はよく知らないので、とりあえず読みきりです。

【重力ごうをせーす】
主人公の宇宙人・内海仁と、それぞれ柔道を真面目にやろうとする道場の後取り二人の
対比がよくまとまっていたと思います。
パワーはあるのに、子犬に追い回されヒロインに勝てず、柔よく剛を制すも勘違いするなど、
結構笑えます。主人公が、本人は真面目にやってるギャグキャラなのに対応して、
後取り二人の真面目さも引き立っていました。

一方、人間に化ける皮を被ってるとかは、あまり活かせてないようにも思いました。
また、新人の方で仕方ないのでしょうが、コマ割りや構図が単調で、
投げ技の迫力がまだ足りないと感じました。これは、今後も練習されると思いますが。

【OUT GEAR FULLCOLLOR】
設定の詳しい解説は割愛しますが、良く言えば凝っいて面白い設定、
悪く言えば、凝り過ぎて読切に収まっていない感じです。
ちょっとKOF2002のネームレスを思い出しましたが。
それはともかく、設定の解説にページを割きすぎて、
肝心のフォームチェンジ(色の入れ替わり)が少なすぎると思いました。
絵は綺麗ですし、設定も凝っているので本誌への掲載に期待ですかね。

【ガッチャンコ】
現在粗製乱造が増えるタイバニもどきですが、こちらは日用品に特化した感じで、
ギャグっぽい絵柄もあわせて個性は出ていたと思います。
良い意味で少年っぽいと言いますか。
能力VS能力の戦いも、主人公と敵で上手く描けていると思いました。
ただ、敵の方がサイコキラー要素を推したいのか、差別の被害者要素を推したいのかが、
解りづらかったと思います。

【ヤマトと右腕】
単純な画力なら、この巻では一番でしょうか。伏線の張り方も良くて面白く読めます。
ただ、絵が上手い分、コマ割りやシーンの運び方がまだ甘いと思います。
台詞回しを見ますと、フキダシが誰のものなのかよくわからないところが多く、
靴に付いた泥なんかもやはり説明台詞抜きでは分かりませんでした。
あと、いつの間に移動したのか分からない“ワープ”が時々発生します。
作者の修行先生は『ONEPIECE』が好きとのことで、その辺参考に出来ると思います。
また、正式連載で設定が明かされるのかもですが、現状では主人公の行動が受動的に思えます。

【たくあんとバツの日常閻魔帳】
閻魔大王の娘がヒロインで、平凡な主人公と一緒に妖怪を退治する話です。
鬼や邪神の女の子が押しかけてくる作品としては王道です。
萌系としてみるなら、女の子も可愛いのでいいんじゃないかと思います。
一方、バトルモノとしては、主人公サイドがチート過ぎるような気もします。
あと、追い詰められていたり、やられたりする時の敵のリアクションは
もっとオーバーな方がいいんじゃないかと思いました。

【スケダチ】
こちらはストーリーよりも完全にギャグです。
メインとなる狐少年・タスケ、マナーの虎・タダシ、七光りの財前等々、
キャラはきちんと立っていたと思います。画力はもう少しな感じですが。
ドラえもんのパロディも面白く、能力説明も分かりやすかったです。

【ぼくらのQ】
基本的に台詞回しだけでストーリーが進みますが、
謎の球体で世界観を印象付けていました。
絵が上手いとか、キャラが格好いいとかではなく、
独自の問答と雰囲気を楽しむ漫画といったところでしょうか。

【PACK】
賞を取っただけのことはあり、絵も特徴的で、シナリオやキャラも完成されています。
メカにも独自の質感があるので、本誌に移られた場合も楽しみです。
主人公のレガや相棒のデデルルもゴロツキながら筋の通ったところがあって、
アウトローの魅力も出ています。
ストーリーは面白かったのですが、少年漫画的には文字が多すぎる印象も受けました。

【七瀬島 ヒロキの日常】
田舎の町育ちの主人公と、都会から来たヒロインが宇宙人に立ち向かうストーリーです。
絵的にも田舎っぽさが出ていました。
ヒロインの女の子も、個性的です。まだ線が粗い感じもしますが、
もっと練習すれば個性的で可愛い子に仕上がるんじゃないかと思います。
バトルシーンは『ワンパンマン』のような感じで、敵の攻撃防御は『エヴァ』っぽい
感じです。シナリオもワンパンマン的なものを狙っているんでしょうか?
あと、メカの質感は個性的に思えますが、男性キャラはまだ普通な感じもします。

【峰打ち侍】
線の多くて太い、時代物です。絵的には線がこれでもかと言うくらい太い
劇画調で、最近では珍しいと思います。
というより、『北斗の拳』や『ジョジョの奇妙な冒険(3部まで)』よりも
濃いんじゃないかと思います。
ただ、他の書き込みが多い漫画に比べると、5W1Hが分かりづらく思えます。
迫力は十分なので、この辺も頑張って欲しいです。

【Zombie Life】
珍しく、バッドエンドな物語です。
設定的には、感染症モノのテンプレでしたが、個性的な作画と
物哀しい雰囲気演出が印象的でした。
人間らしい営みが無いのに人間らしいゾンビと、
人間のままなのに非人道的ともいえることを平然とやる人間の
対比が強烈な印象です。

【緊縛霊媒師佐渡原さん】
新人の方ではないようで、女性の線が綺麗です。
内容もよくある、変身すると痴女になる作品と言う感じでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード