【感想】仮面ライダードライブ VOL.1

このヒーローは考えるのはやめ、何を為すのか


【「考えるのはやめた」】
  基本的にAパートで使われるときは、面倒臭がっている感じです。
  しかし、怪人と戦う前に使われるときは、
  「ゴチャゴチャ考えるのはやめた!
   目の前で襲われている人を助けるために、戦うのはやめない!」という
  意気込みの表れとして使われます。

  勿論、完全に思考停止してるわけではなく、
  魔進チェイサーとの戦いでは、ヒロイン・霧子や
  被害者の魂が閉じ込められた絵を守るために戦略的撤退をするなど、
  ヒーローとして考えるべき事は考えているようです。

【スタイリッシュなライダーデザイン】
  今回は、フォーゼの時以上にメカニックなデザインが魅力です。
  マスク、マシン、ベルト共に格好いいです。
  ライダーデザインについては、フィギアのレビューで詳しく書こうと思います。

  車の「トライドロン」という名前は、『仮面ライダーブラックRX』の
  「ライドロン」のオマージュでしょうか?
  ともかく、ライダーのデザインとも合っていて格好いいです。

  ベルトは、使ってないとき、車の中に取り付けるのですが、
  メーターパネルのように付いているのが、様になっていました。
  この辺は、仮面ライダーと車の要素を上手く組み合わせたと思います。
  カッコ良いのでベルトの玩具も欲しいのですが、ボーナス待ちですね…orz

【奇抜なロイミュードデザイン】  
  ロイミュード(怪人)のデザインは、シンプルながら邪悪な雰囲気があります。
  トッキュウジャーのシャドウ怪人に比べるとSFチックな雰囲気です。
  モチーフはパッと見何か分かりませんでしたが、コウモリ、クモ、コブラだそうで、
  よく見ると鱗や羽などでそれっぽい感じを出しています。

  所謂今週の怪人枠は、「アイアン」や「ペイント」などがいるので、
  ドーパントのような概念的なモチーフでしょうか。
  ただ、ドーパントよりも邪悪さ・不気味さを高めたように見えます。
  
  敵サイドのライダー・魔進チェイサーは、ダークヒーロー的で、
  ドライブの構成パーツを壊して歪めたように見えます。
  「死神だ」という台詞も決まってましたし、役者・上遠野太洸さんの
  震えながら身体を無理やり動かしているような演技も良かったです。

【ベルトとの会話】
  キバのキバット、牙狼のザルバのような感じでベルトが喋ります。
  掛け合いも、差別化されていて、かつ見ていて楽しいですね。
  ただし、キバット等と違って、元は人間のようです。
  ロイミュードとは、人間時代から因縁があるようで、今後が楽しみです。

  身体を操ったり、車の運転もしたり出来るようですが、
  キメるところでは進ノ介が自分の意思で戦うところがまた良いです。
  ちなみに、自動操縦の時でも、シートベルトは付けるようで、
  このあたり子供向けの番組として抜け目無いですね。

【アクション】
  多方向からの連撃を食らわせ、さらにフィニッシュのライダーキック、
  檻に閉じ込めてからのライダーパンチと、どちらも格好良かったです。

  ハンドルの剣は、弾丸をはじきながら間合いを詰め、斬撃を加えるという、
  「銃VS剣」として格好いいものでした。

  トライドロンで魔進チェイサーの追撃から逃れるときも、
  車で別の道路に飛び移っているので、格好良さを落とさずに撤退しています。

【「どんより」】
  あっちの世界でのネットスラングのようですが、
  「もしかすると自分も巻き込まれるかもしれない」という恐さがありました。
  いきなり襲われるのも恐いですが、緊急地震速報のように、
  分かったからといって、どうしようもない感じが出ています。
  だからこそ、そこに颯爽と現れる仮面ライダーの格好良さも引き立ちます。

【犯罪捜査】
  進ノ介が、現場の証拠品と、親友の落し物から、犯人の目的を洗い出す等、
  普段やる気なさそうなのに対して、鋭い感性を発揮します。
  第1話でのミスリードが良い感じに活きてますね。

  続く第3話でも、パラパラめくったスケッチブックと、被害者の写真から、
  犯人像を暴く等、ぼんやりしているようでも、観察すべきところは、
  きちんと観察しているようです。

  仲間の一人・西城は、オタクっぽいですが、独自の情報ルートを持っているようで、
  こういうキャラ立ても上手いと思いました。

【ロイミュードとシフトカー】
  怪人とライダーの出所が同じと言うのはライダーでは王道ですね。
  これについては、まだ分からない事が多いのです。

【親友との約束】
  進ノ介は、短絡的な行動から親友に重症を負わせてしまった事への罪悪感を持っています。
  暗めの設定ですが、親友の分まで頑張る決意を固めるところが格好良かったです。
  ヒーローとしての格好良さと、刑事としての感覚を同時に見せるとは凄いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード