ワンピース 77巻

全体的には、ドンキホーテファミリーの幹部との戦いがメインです。
駆け足ですが、敵味方共に人物像がエピソードで描かれます。
(というか、あれだけキャラがいて、エピソードで捌けるのはベテランじゃないと難しいんでしょうが)
そんな幹部達と麦わら海賊団+αの戦いが見所です。
(※以下ネタバレ多数)

【セニョール・ピンクの過去】
 過去編だと渋いのに、どうしてああなったのかと思いましたが、中々哀しいドラマがありました。
 セニョールにもかつてはルシアン、ギムレットという妻子がありましたが、結婚前ルシアンには
 「自分は銀行員だ」と嘘をついていました。
 ルシアンは大の海賊嫌いで、お互い一目惚れだったのを壊すまいと、セニョールは自分を偽ります。
 しかし、息子ギムレットの急逝から夫が銀行員でないことに気づき、ルシアンは息子の命と夫への信頼を
 一度に無くします。そのまま事故に遭い、ルシアンは植物状態、セニョールも自分を責めます。
 そして、妻の笑顔を見る為にあの格好を始めます。
 妻と出会った時も、妻を失った時も、男として勝負に負けた時も雨。
 その雨の中過去に思いを馳せて涙を流すセニョールですが、その敵の涙を拭うフランキーもまた格好良かったです。
 セニョールの服装でオブラートに包まれてますけど、救済度ゼロで、敵とはいえ虚しさの残る戦いでした。

 そういえば、ナミも海賊嫌いでしたが、ルフィは正直に仲間になって欲しいと伝え、
 反発されながらもナミの信頼を勝ち取りました。セニョールにとっては、もしルシアンに嘘をつかなければ、
 失わずに済んだ生命と愛情なのかもしれません。

【ハイルディンVSマッハバイス】
 こちらは駆け足でしたが、カーシーやオイモのように、エルバフの男らしいところを見せてくれます。
 さすがに、ドリーブロギーにはまだ勝てなさそうですが。
 マッハバイスの能力が、ミスバレンタインの能力の劣化に見えて、その辺は少し残念でした。
 ファミリーのメンバーが鳥カゴの犠牲になる等、ドフラミンゴへの皮肉という役回りですかね。

【バルトロメオVSグラディウス】
 サシで戦ったらバルトロメオが普通に勝ちそうですが、今回はロビンを援護しながらという形で緊張感を出していました。
 自爆技を内向きのバリアで抑え込むのも、的確なアイディアだと思います。
 そして、ルフィの技を真似てフィニッシュも、彼の拘りを感じます。

【サイVSラオG】
 ディアマンテやセニョール、グラディウスとの戦いとは違って、ギャグ重視の戦いでした。
 コロシアムでは噛ませだったサイですが、今回は男を見せてくれます。
 ラオGのギャグっぽい技名も面白かったです。
 わざわざベビー5が裏切る可能性を作るのはどうかと思いましたが…。

【小人族の面々】
 レオとカブのマンシュリー救出作戦は、チユチユの実の能力表現があり、また幹部達の厄介さもあって、
 ヤバそうな雰囲気が伝わってきました。
 片思いだけど素直になれない、マンシュリーのツンデレっぷりも可愛かったです。
 あと、小人戦士達は等身低いのに、わりと格好良く描けていたと思います。
 必殺技「高級仕上パッチワーク」や、その前後のコマも決まっていました。

【キャベンディッシュとその他】
 イデオやブルーギリーにももう少し活躍して欲しかったところなので、
 若干扱いが悪くて残念でした。(コロシアムでそこそこ活躍したからかもしれませんが)
 デリンジャーもそこそこ強かったようですが、「ハクバ」には手も足も出ず。
 キャベンディッシュは、コロシアムの面々では唯一現時点での天上も見えていないので、
 今後の活躍に期待ですかね。


スポンサーサイト

テーマ : ONE PIECE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード