荒木飛呂彦の漫画術

自分も遅れながら出版社への持込などしておりますが、
色々参考になることの多い一冊でした。
もしプロデビューできた暁には、荒木先生に「この本を読んでプロになれました」と、
ファンレターを送りたいです。
(荒木先生は波紋法使いで長生きされるでしょうし)

【漫画術は何故大切なのか】
 キャラクターやストーリー作りでの留意点は色々ありますが、
 「それらの理論は何故大切なのか」「NGパターンは何故NGなのか」が
 非常に解りやすく書かれています。
 漫画の描き方では、基本的なことがほとんどですが、
 集英社以外の出版社に持ち込みに行っても言われることなので、
 その意味でも大事なことなんだと思います。

 第3章では、『ドラゴンボール』の孫悟空や、『第3部』の承太郎等、
 人気キャラクターが何故人気なのかも解説されています。
 これは、ゲームやアニメ等、他業種でも活かせる話だと思います。
 逆に、人気の無いキャラクターは何故人気が無いのかも解ります。

 第4章では、ストーリー作りでの緩急の付け方等がメインです。
 ジャンプの王道とその問題点がわかると思います。
 連載を目指すなら、抑えておきたい留意点が挙がっていました。

【一方厳しいお話も】
 第5章で「描画」、第6章で「世界観」が解説されていますが、
 それを商業レベルで出すには、それ相応の覚悟と努力が必要だと、
 荒木先生は明言されています。
 軽い気持ちでクリエーターを目指す人に釘を刺すようなお話もちらほら。
 自分も漫画を描いていますが、やはり耳(読んでるので目ですか)が痛いです。
 ですが、そういうことを理解し、実践すれば、商業デビューに一歩近づけるとも
 思う事が出来ました。

【先生が次の時代に受け継がせたい物】
 新人時代からの事が書かれていますが、その経験ノウハウが凝縮されています。
 それを、次の世代に引き継いで欲しいという情熱が伝わってきました。
 これを、今の若い世代がジョナサン、ジョセフ、承太郎・・・のように引継ぎ、
 さらに漫画業界が発展していくことを願います。


スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード