ブラッククローバー第2巻

【連係プレイは少年漫画の華】
 今回のバトルの魅力は、主人公・アスタと彼が所属する「黒の暴牛」メンバーとの
 連係プレイだと思います。新しさはありませんが、手堅く熱いと言ったところでしょうか。
 まず、前巻から引き続いていた、氷魔法のヒース戦では、
 ヤンキーっぽい先輩・マグナとの連携。
 少し前にやった「洗礼(後輩いじめ?)」を基に、土壇場で連携技を編み出します。
 マグナも最後の力でしたが、協力することで無駄なく敵を倒す事が出来ました。
 一方、ヒロイン・ノエルは、防御では一応魔力の制御に成功し、
 マグナを助けました。

 魔宮に入ってからの、煙のオッサン・ロータス戦では、
 飄々とした性格の雷使い・ラックとの連携。
 魔力を感知する敵に対し、魔力の無いアスタを軸に攻めるという、
 オーソドックスながらバランスの取れた協力技で勝利を収めます。

 1巻では顔見世だけだった先輩も、任務で共闘しながら掘り下げていく感じですかね。
 そして、絆や信頼関係も、徐々に出来つつあります。

【アスタの身体能力】
 魔法を使う相手に体力で挑む脳筋主人公・アスタですが、
 今回は魔法を使って逃げる相手に、走って追いつくなど、
 魔剣だけが能じゃないところも見せてくれます。
 敵の魔法も、ライフで受けて立ち上がりますし、
 鍛えている量で火ノ丸と張り合えそうです。(と言うか火ノ丸との腕相撲対決が見たい)

【ヒロイン達】
 1巻でもツンデレキャラだったノエルですが、
 今回もフラグが少しずつ立っている感じがします。
 しかしまあ、鳥にまでツンデレかましているのには笑えましたw

 更に、今回はライバル・ユノの同期「ミモザ・ヴァーミリオン」も参戦。
 (絶対ブレイブルーネタですね、コレ。)
 得意魔法も上手く描かれていましたし、服装も貴族っぽいです。
 ただ、第二ヒロインとしての本格的な活動は、次巻持ち越しになりそうですね。

【敵の能力】
 能力の設定は次巻で説明されますが、それぞれに得意属性があるのは、
 2巻まででも解ると思います。
 敵の能力は「氷」「煙」「鉱物」なので、特に新しくはないですが、
 煙であれば小出しにして相手にばれないように撒く、
 鉱物であれば石の分身を作る、石柱で不意打ち等、
 特徴はきちんと描れています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード