スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバー仮面・第19~22回

【第19回・逆転 シルバー旋風斬り】
 巨大化前のシルバー仮面は、「宇宙開発の負の側面」を見せてくれましたが、
 『ジャイアント編』開始以降では久々にそれが見られる回です。
 春日博士のライバル・鳥島博士が、春日博士の発見した星を探索し、
 初着陸の栄誉を横取りします。
 一方、恋敵でもあって、春日兄弟の母親の面影を残すひとみに対して、
 尋常ならざる目線を向ける老人と、それをあからさまにではないにせよ、
 嫌がるひとみはなかなかリアルな演技でした。
 ただ、名誉を横取りした鳥島博士一行もギラスモンに殺され、
 後味の悪いシナリオに仕上がっています。
 『ウルトラセブン』で恐竜戦車回を執筆された上原正三先生も、
 こういうドロドロした話が描けるということでも以外でした。

 バトルでは、敵の触手攻撃を鎖鎌で絡め取りながら間合いを詰める所が格好良かったです。
 フィクションで鎖鎌を正しく使うのは珍しいケースではないでしょうか?

【第20回・必殺!! シルバーミサイル】
 これは普通の怪獣モノです。
 エネルギーを吸い取る設定もバルンガほどの絶望感も無くで、
 あまり特筆する事は無いと思います。

【第21回・シルバー アローがえし】
 こちらも宇宙開発とは関係ないのですが、
 アンドロイドや改造人間の悲哀が描かれる回です。
 ガイン星人に作られたため、ガイン星人には逆らえないようで、
 光二にターゲット以上の感情を持ってしまった辛さがよく表れていました。
 母親のことを聞かれた時も、少し辛そうでしたしね。
 脚本は、上原正三先生ですが、この辺の悲壮感描写は
 後の名作『仮面ライダーBlack』にも活かされているのでしょうか。

【第22回・弾丸!! ミサイルキック】
 改造人間の悲哀の次は、西洋人形のホラーです。
 人形を使ってレーダー索敵を妨害する等、ホラー要素以外の戦略性も
 見所だったと思います。
 一方で、リカが誕生日に光二が来ないことを残念がりつつがまんしたり、
 戦いの厳しさを描きつつ、最終回にも繋がる描写があります。

 新必殺技の「ミサイルキック」は、ミサイルを蹴ってぶつけると言う
 当時としては斬新な発想ではないでしょうか。

【怪人怪獣デザイン】
・ギラスモン
 『ウルトラマンタロウ』のバサラあたりの前身といったところでしょうか。
 解りやすく植物怪獣といった感じです。
 最近の特撮では触手はCGが多いですが、こちらは操演で頑張っていました。
・インバス星人
 何でも吸い付けてしまうという設定どおり、スクラップが集まったような
 デザインをしています。左右非対称ですし今で言うアンデット属性でしょうか。
・ガイン星人
 設定画では、甲殻類が人類に進化したような奇抜なデザインなのですが、
 例によって造形が残念で地味な怪人にしか見えません。
 的から矢を放つのも、シュールで面白いです。
・ゾール星人
 これは池谷先生の奇抜さがモロに出た宇宙人です。
 モチーフ不明ですw


スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。