スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHONANセブン 5 感想

【金閣の決着】
 車に轢かれるとか、相当ヤバい状況に追い詰められますが、
 それでも親友との過去を清算するため戦いに挑むとは漢ですね。

 タイマンの中でも、片山が立ち直れると、最期まで信じて
 戦っていたので、やはりただのヤンキーではありません。
 (美人局もやめたみたいです。)
 薬物をアッサリやめたりとツッコミ所もありましたが、
 友情を取り戻す話としては熱いエピソードでした。 

 そんな戦いを、チンピラと戦ったり、バイクで送ったりと、
 タイマンをバックアップする黒神や上條もまた格好良かったです。

【繭の献身-2】
 登場時はビッチJCでしたが、今回は危険を顧みずに、
 片山を説得しようとする等、一生懸命さを見せてくれます。
 前巻でも書きましたが、結果的に友情にヒビを入れた事には、
 かなりの罪悪感を持っていたようですね。
 黒神への協力依頼も、ギャグが入っていましたが、
 これはこれで面白かったです。
 
 で、協力依頼の見返りですが、コチラは回収しようとしたところ・・・
 っと、これは読んでから笑ってください。
 しかし、金閣の問題が解決すると、出番が減るんじゃないかと、
 少し心配にもなります。

【乙女のカッキー】
 コンクリートを砕いたりする豪腕少女(見た目は細いですが)カッキー。
 今回は、男の上條が半分しか食べられなかったメガ盛丼を余裕で平らげます。
 一方、黒神に本心が打ち明けられず、絵馬に願いを託したり、
 水族館ではしゃいだりと、純粋な乙女の要素も見せてくれます。
 このご時世、女から告白しても問題無さそうですが、
 それをしないところもカッキーらしさが出ています。

【ライバル要素が増えた上條】
 ネタバレになりますが、デートを通じてカッキーに特別な感情を抱き始めます。
 あれだけ純情な乙女っぷりを見せられたら仕方ない感じもしますが。
 そんなわけで、喧嘩仲間としてだけでなく、恋敵としても、
 今後のストーリーに関わってきそうです。
 選抜入りはアッサリでしたが、まあ堂本戦もやってますし、
 金閣の過去が清算された後からダラダラやっても仕方ないと言うことですかね。

 その他、上條も色んな表情を見せてくれて楽しめます。

【集まる強敵(とも)達】
 これまでは明示されていなかった、辻堂の帝王・桐生院がお披露目。
 他にも、2年生の先輩方も名前が挙がり、SHONANセブンも予選から本戦に
 シフトしていきます。
 その後の校内選考についてはまだハッキリしていませんが、
 どんな戦いになるのか次巻以降が楽しみになる幕引きでした。


スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。