火ノ丸相撲 6 感想

【大関部長の成長】
 転がってくる150kgくらいのタイヤに、一瞬ビビリましたが、
 後ろに蛍がいるのを思い出し、ブチかましにも等しいタイヤを身体で受けます。
 重量感の演出が凄かっただけに、大関部長の凄さも強烈に伝わってきます。

 精神面でも、まだ100%ではありませんが、他校の生徒への態度や、
 試合で立ち会う時などの表情から、少しずつ自信をつけている様子です。
 精神的に成熟するのは、次巻収録分でしょうかね。

【蛍の覚悟】
 火ノ丸以上に相撲に向いてなさそうなキャラで、
 登場時はただの人数あわせキャラかと思っていました。
 しかし、そう思っている人も、この巻で価値観が変わるでしょう。
 
 プライドも捨てて、目先の勝利すら捨てて、
 決勝戦に挑む姿は、紛れも無くジャンプのスポーツマンです。
 自分なりに最大限の努力をした結果は・・・次巻です。
 本誌読んでない人は気になって仕方なくなると思います。
 
 また、インターハイ本戦や、次の年での活躍も楽しみになるキャラです。

【巨大な壁・石神高校】
 春の大会では敗北を喫した石神高校。
 このインターハイ県予選では、更にパワーアップして、ダチ高とぶつかります。
 それまでのライバル・川人高校に圧勝。
 本格的な試合は時間持越しですが、その存在感は恐いほどです。

【遺憾の無い練習成果】
 蛍の新技もそうですが、火ノ丸達他の部員も負けてはいません。
 火ノ丸の「揺らめく炎」での立会い、国崎のレスリング技、
 ユーマさんの連打攻撃、大関部長のパワー技等々、
 色々な技が堪能できます。
 本格的な石神高校との対戦も見ものですが、この巻も楽しめます。


スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード