仮面ライダードライブ VOL.6

タイプフォーミュラのスピードは何を超えるのか

【新たな強化形態は何をもたらすのか】
 まずシチュエーションは、メディックによって暴走したマシンチェイサーを止めるという熱く、
 そして進ノ介にとっては辛いものでした。ライバルとして何度も戦い、敵ながら認めていたチェイサーですが、
 今回は一般人にも手を挙げたので、説得は断念。
 激しい乱闘の中でしたが、超重加速によって不利な形勢に。
 そんな中、新武装トラック砲が完成。シフトカー3台の力で砲撃し、マシンチェイサーを打ち破ります。
 例によって「考えるのはやめた」が出ましたが、チェイスより苦しんでいる人々を優先と言う感じでした。

【高速のミサイルに追いつくものは何か】
 23話では、多方向にミサイルを飛ばすシュートロイミュードが登場。
 4方向にミサイルを飛ばし、ビル破壊をもくろみます。
 これに対して、タイプフォーミュラは、その圧倒的なスピードで4方向全てのミサイルをキャッチします。
 これは高速形態らしさが出るエピソードだと思いました。

【メディックは幹部として何をするのか】
 メディックは一般人殺害の命令を出しますが、実はシフトカーやライダー2人を各個撃破する為の揺動作戦でした。
 戦力の分断と各個撃破は戦術の基本ですが、その為だけに殺人教唆を犯すなど、冷酷さがうかがえます。
 一方、作戦の為に怪人を用意し、現場で指揮をとり、必要があれば本人も戦士として戦う等、
 ショッカー大幹部のように組織の幹部らしい所も見せます。
 園崎家の面々や理事長は黒幕要素が強いですし、グリード基本的に個人プレイ、
 ファントムの幹部は基本的に作戦内容は現場に任せきりなので、
 最近の傾向を考えると、組織の為に作戦を立案実行する幹部は珍しいかと思います。

【マッハは何を振り切るのか】
 タイプフォーミュラが活躍する一方、マッハは自分の限界を感じ、半ば自暴自棄になります。
 とはいえ、ここで立ち止まる程ヤワではありません。
 ベルトさんと姉の励ましもあって、初心を思い出します。
 陰ながら姉弟を見守る進ノ介もさり気なく格好良かったです。
 バトルでは、敵の毒をデッドヒートのリミッターごと振り切り、これまでの暴走パワーを完全に制御します。
 これには、敵のハートも一目置いたようです。
 アイテム無しの強化回は最近珍しいですが、きちんと盛り上がってくれました。
 アクション面では、フォーミュラのジャッキとの連携ライダーキックも格好良かったです。


スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード