仮面ライダードライブ VOL.9

仮面ライダーは「人間」とも戦わなければならないのか

【何が仮面ライダーを強くするのか】
 前巻で死亡した進ノ介ですが、お約束で今回蘇生します。
 心肺停止でもベルトさんが何とか繋いでくれていたようです。
 更に、りんなさんが開発したシフトトライドロンを使い、
 そして霧子がトライドロンで時速200kmを出し、そのパワーで
 見事進ノ介を助けます。
 フォーゼでもそうですが、仲間たちとの絆による復活・パワーアップは
 何度見ても熱い展開ですね。
 
 演出のほうは、『バックトゥザフューチャー』を思い出しました。

【タイプトライドロンはどのように悪を倒すのか】
 最強形態・タイプトライドロンが登場します。
 カラーはタイプスピードと同じレッドですが、よりスタイリッシュで
 攻撃的なデザインになっています。
 
 能力的には、基本はこれまでのシフトカーですがそれらを融合させることで、
 新たな能力に進化させていきます。
 攻撃の派手さもありますが、能力的な面白さも魅力です。
 能力も、進化したフリーズロイミュードを圧倒するなど、
 いろいろ見せ付けてくれます。
 
【犯罪者は何を隠そうとするのか】
 ネタバレになりますが、進ノ介の父親を殺した真犯人は「仁良課長」でした。
 過去の犯罪を隠す為、科捜研から盗みを働いたり、
 目撃者のゆかりを殺そうとしたりします。
 過去の犯罪を隠すために、新しい罪を重ねることには何の罪悪感も無いようです。

【人間はどこまで汚くなれるのか】
 仁良が進ノ介の父親を殺した理由は「正義感の強い事への嫉妬」。
 強盗が発砲したと見せかけて殺害する等、たちまわりも周到です。
 元々ロクでもない奴でしたが、ここまで人間として腐っていたとは驚きです。
 進ノ介の「どうしてそんな理由で人が殺せるんだ!!??」と言う言葉は、
 まさにその通り。 更にはロイミュードとの戦歴を逆に利用して特状課を落としいれ、
 仮面ライダーたちに誘拐殺人の罪を着せようとします。
 更に、父親を撃った拳銃で進ノ介のことも殺そうとし、
 自分は正当防衛で助かろうとします。
 会見では、警察官の使命がどうとか言いますし、
 ここまで汚い奴もライダーシリーズでは希少。
 『ウルトラシリーズ』最大のクズ・ヒルカワにも劣らないクズっぷりですね。
 ヒルカワ同様、主人公サイドに負けても一切反省してないようですし。

【仮面ライダーは人間の闇にどう立ち向かうのか】
 上記のように仁良は心の腐った人間ですが、人間である以上ロイミュードと同じ
 倒し方はできません。彼を裁くのは、あくまで人間の法です。
 まず、ブレンの毒を受けたゆかりはチェイスと剛が救出。
 ひとまず弱みが無くなった進ノ介ですが、そのことはブレンや仁良にばれないよう
 上手く誤魔化します。また、ベルトさんの方は、仁良が放った銃弾に対して、
 ディメンションキャブで進ノ介を援護。戦闘以外でも役に立ちますね。
 人間の闇に打ち勝ったもの、それは仮面ライダーのチームワークでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード