仮面ライダードライブ VOL.10

加速を続ける戦士達が目指すものは何か

【ハートは如何にして部下を惹きつけるのか】
 これまでもドライブのライバルとして何度も拳を交えてきたハートロイミュードですが、
 彼もまた戦うほどに強くなり、ドライブ・タイプトライドロンと互角のパワーを手に入れます。
 更には、超進化も遂げ、タイプトライドロンですら勝てない程に強くなります。
 戦力としては、フリーズ以上の脅威と言えます。

 一方、人物としては、部下の命を浪費するメデイックを叱咤し、彼女には部下捨て駒扱いを
 止めると誓わせます。腕力で強引に止めさせる事も出来たでしょうが、
 自分の意図をキチンと伝え、相手の意見を踏まえた上で叱る時は叱り、
 問題が解決したら懐深く受け止めると、敵ながら人格者です。
 恐らく、新之助とは、同じ所属なら間違い無く親友になれたんじゃないかと思います。
 また、部下の扱いを考えると、本願寺課長にも劣らない「理想の上司」です。

【チェイスが仲間達の為にする事は何か】
 半分はギャグでしょうが、チェイスが自動車の免許を取る為、教習を受けます。
 ヒーローとは言え、警察が主人公で無免許運転はマズイという事でしょうか。
 ネタ要素アリとは言え、教習は真面目に受けてましたし、進ノ介達の援護が終わった時も、
 すぐ教習に戻ります。(教習の時間大丈夫なのかというツッコミもありますがw)
 免許が取り終わると、ドライブやマッハをトライドロンで援護するなど、
 シナリオ上も活きています。

 ちなみに、チェイスの免許の写真は、いつもの仏頂面とは対照的に満面の笑みだったのも、
 ちょっと笑えましたw

【剛が再び走り出すのは何故か】
 父親が諸悪の根源だと知った剛は、自分の罪のように罪悪感を感じてしまいます。
 しかし、霧子の励ましや、これまで一生懸命戦ってきた経験から立ち直り、
 進ノ介やチェイスとの共闘を誓います。
 
 一方、進ノ介は敢えて励ましの言葉は掛けませんでしたが、
 剛の強さは信じて疑わなかったようです。
 ただ励ますのとは違う激励だったと思います。

【マッドサイエンティストは何を狙うのか】
 物語も終盤と言うことで、諸悪の根源「蛮野」が本性を表します。
 進ノ介に協力するフリをして、信頼を得た上で、
 ベルトを奪って悪のライダーを作り出します。
 なんとも、汚く、邪悪な奴ですね。 
 本人は、ドクターマンやドクターヒネラーのような辛い過去も無さそうで、
 私利私欲の為に世界征服を企む悪の科学者です。

 過去にも、恨みのある青年実業家をコピーしたハートを虐待する等、
 仁良にも劣らぬ陰湿な性格です。

【悪の旋風に打ち勝つものは何か】
 新たに現れた幹部級・トルネードロイミュードが暗躍し、霧子を誘拐します。
 戦闘能力も、ハートほどではないにしても、強敵です。
 強風を起こすシンプルなやり方ながら、タイプトライドロンを封じ等、
 ドライブも苦戦を強いられます。

 そこに現れたのは、上記のように決意を固めなおした剛。
 チェイサーが運転するトライドロンが起こした風に乗って、
 ドライブとマッハのライダーダブルキックを放ち、トルネードを見事打ち負かします。
 やはり、ダブルキックは熱いものですね。


スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード