スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダードライブ VOL.11

仮面ライダーとロイミュードの"漢"達の強さはどこまで高まるのか

【諸悪の根源は如何なる終末をもたらすのか】
 前巻で本性を現した蛮野ですが、この巻でも邪悪さを遺憾なく発揮します。
 41,42話では、ハートを想い、彼の為に超進化体になろうとするメディックを利用。
 ついに愛情を取り戻し、満足しきったかに見えたメディックを、
 感情の無い操り人形にしてしまいます。
 かつてショッカー首領(デストロン首領)も、ライダーマンこと結城丈二に対し、
 彼の正義を利用して研究を悪用しましたが、蛮野も負けず劣らず邪悪ですね。

 さて、そんなこんなで約束の数(蛮野,ハート,ブレン,メディック)をそろえた蛮野ですが、
 揃ったところで新たなグローバルフリーズを発動しようとします。
 「欲しい物はすべて手に入れる」と言ってましたし、割とガチで世界征服志願です。
 
【平成ライダーの警察はどのように悪に立ち向かうのか】
 何度も書いていますが、『クウガ』『アギト』時代と同様の
 「平成ライダーの警察」が見られるのも『ドライブ』の魅力です。
 『W』や『ウィザード』の警察描写もまあまあでしたが、
 やはり「組織力を持って市民を守る警察」と言う点ではドライブに敵わないでしょう。
 本編でも、グローバルフリーズの教訓を元に、対ロイミュード用の部隊を作り、
 最終的には特状課もそこに入るようで、警察組織も最終決戦に備えています。

 組織としてももちろんですが、個人でも負けてはいません。
 西城究は、相変わらず情報戦を活かして、犯人逮捕に貢献。
 りんなさんは、ゴルドドライブの力に対抗する為、
 進ノ介たちのベルトや武器にチューンアップを施します。
 この辺は、何だかんだ言いつつも過去に頼っている蛮野との対比でしょうか。

【本願寺課長の本気は何を魅せるのか】
 警察組織としても頑張っていましたが、本願寺課長も課長自ら量産ベルトを試す等、
 熱いところを魅せてくれます。
 まあ、結果は調整不足が出るという事になってしまいましたが、
 責任感の強さの表れと言うことでしょう。

【ブレンの頭脳が弾き出すものは何か】
 こそこそタブレットを盗んだりして、いつも通りかと思いましたが、
 メディックの秘密を突き止め、彼女を助ける決意を固めます。
 これまで確執がありましたが、最期は同じくハートを想う者として、メディックに共感。
 ハートが愛するメディックを助けることで、ハートへの忠誠を示し、逝ってしまいます。

 「だれがハートを一番愛していたか」というサブタイトルもピッタリでした。
 これまではセコいキャラとして存在したブレンでしたが、
 最期で"漢"を見せてくれました。

【チェイスは失恋を受け入れるのか】
 「人は時に悪意でない嘘を付く」というモノローグも決まってましたし、
 ブレンとは別のベクトルで「潔い男」として描かれました。
 しかし、次回予告を見ると色々不安にさせられ、ここも最終決戦が楽しみなところです。

【進ノ介と霧子の関係はどこにオチるのか】
 映画版も含めて予想通りの展開ですが、これはこれで。
 ミラーリングと言いますか、相手をどう思うか聞かれた時の反応がほぼ同じ等、
 ラブコメとして面白かったです。
 しかし、タイプトライドロンの回でも身体を張ってましたので、
 こういう流れもアリですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。