新・映像の世紀 オリジナル・サウンドトラック

旧シリーズは知らず、「新」の方から入りました。
人類の浅はかともいえる歴史の流れが、NHK交響楽団の演奏とあいまって、
強く心に響く曲がそろっています。

【パリは燃えているか】
 名曲ぞろいですが、やはり特筆すべきはこの曲でしょう。
 (番組中よく流れる曲、あと公式ページでも流れる曲です。)
 「浅はかな、あるいはその場しのぎの決断」→「想像以上に悪い結果」
 を繰り返している
 無情な歴史の流れをそのまま曲にした ような曲です。
 CDの最後に収録されているピアノバージョンも中々良いものです。

【未来世紀】
 これは静かで、希望を感じさせてくれる曲です。
 でもちょっとつかの間的な雰囲気もあるように思えます。考えすぎかもですが。

【愛と憎しみの果てに】
 「パリは~」に比べて激しさはありませんし、曲の最初の方は静ですが、
 徐々に荒んだ感じを出していく曲です。
 ドラクエの廃墟かなにかでもありそうな・・・

【はるかなる王宮】
 きらびやかな雰囲気の曲です。
 曲とは直接関係ありませんが、第一次世界大戦以降帝国が次々に倒れ、
 グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国も力を大幅に落としたことを
 考えると、歴史の虚しさを感じます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード