暗殺教室 17巻 感想

【決裂の時間】
これまでは基本的にクラス一丸となって暗殺に取り組んできたE組ですが、今回は暗殺技術をクラスメートに使う事になります。
理由は、前巻から持ち越された「殺せんせー暗殺を続行するか、助ける道を探すか」。
どちらの側にも言い分があり、皆迷っての決断でした。

【戦場の時間】
いつも通りですが、各自の持ち味を発揮。
狭間さんも、意外と戦闘で役に立っていました。あれは怖い。
おまけページでは、無駄に格好良い技名もあって楽しいです。
でも、動物好きの倉橋さんは、今回は出来ることが無かったみたいです。

【秒殺の時間】
ここ一番で活躍する渚ですが、今回は決して近接戦も弱くない4人を秒殺します。
何も無いところから突然現れ、読んでる方も呆気に取られます。
どうやったのかについては実際に読んで確かめて貰いたいですが、一番の死角で納得させられます。

【決着の時間】
 一番成長し、殺せんせーに対する感情も一番あったのではないかと思える渚とカルマ。
 また、お互いの能力についても、認め合いつつも、
 火ノ丸相撲のライバル関係とは違ったものを感じます。
 そして両雄引かずに一騎打ち、とまあ少年漫画らしい対決です。
 単純な身体能力や格闘能力では勝るカルマに、
 暗殺技術猫だましや殺気を操るスキルで必死に応戦。

 激しい攻防の末、渚はカルマに敗北を認めさせます。
 負けたカルマ側にも悔いは無く、友情が深まる形の決着は熱かったです。

【作画の時間】
 スペックは低くないのにお色気ネタが少なかった速水さんですが、
 枝に捕まって銃撃する大ゴマは妙にエロかったです。
 扉絵は、なんか完全にネウロでした。

先生のコメントによれば、週単位でプロットが決まっているとの事です。
やはり、3月13日の週で完結でしょうかね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード