怪獣幻図鑑―池谷仙克画集

素晴らしい怪獣宇宙人デザインを数多く手がけられた池谷先生。
その美術の素晴らしさに触れる事が出来る一冊です。
amazon内では残り数冊ですが、お金に余裕があれば、
値段分楽しめます!

『ウルトラセブン』
【パンドン】
 個人的には「串カツ」パンドンも、ゴース星人に合っていて
 良かったと思いましたが、池谷先生ご本人はデザイン画のほうが
 好きだったとのこと。
 デザイン画ですと、本編や後のリメイクとは違って、
 かなり禍々しい怪獣となっており、これはこれでゴース星人に
 ピッタリではないかと思います。

【ゴース星人】
 本編ではウルトラ警備隊に全滅させられてましたが、
 デザインでは戦闘形態もあったようです。
 非有機的なデザインでありながら、他の甲冑モチーフよりも、
 「亡霊」的な雰囲気が出ていると思います。

【ペテロ】
 イソギンチャクのイメージとのことですが、
 どちらかと言えばクトゥルー神話の「ヨグソトース」にも見えます。
 センスが時代の先を行っていたんだなと痛感します。

『帰ってきたウルトラマン』
【サドラー】
 本編では地味目ながらビビットなカラーリングに惹かれます。
 「命名」とあるので池谷先生のネーミングでしょうか。

【ダンガー】
 デザイン画だと、ライオンがモチーフだと分かります。
 こちらはパンチではなく、引っ掻きが得意そうです。

『シルバー仮面』
【キマイラ星人】
 これは分かりやすい甲冑モチーフだと思いますが、
 アイアンキングの連中やゴース星人巨大化に比べると生物的に見えます。
 
【ゾール星人】
 海洋生物がモチーフなのかと思ってましたが、
 歌舞伎の隈取がモチーフのようです。
 これは、改めて言われると、なるほどと思えました。

『アイアンキング』
【鋼鉄の同志】
 残念ながらトンガザウルスしか掲載されていません。
 しかも、トンガザウルスにはそこまで拘りが無いようで・・・

『ファイヤーマン』
【ネロギラス】
 怪獣なのに筋肉ムッキムキ。これは良いと思いますが、
 いかんせん着ぐるみの出来が悪かったです。

【デストロザウルス】
 まさかこんなに格好良いデザイン画だとは思いませんでした。
 顔も格好いいし、ヒビの入れ方もまたコントラストになって格好良い。
 当時の予算のなさが嘆かれます。

【ダブルゴッド】
 着ぐるみでは、無理やり首を追加した感じでしたが、
 こちらは上下に分かれていて秀逸です。
 これも着ぐるみを頑張って欲しかった・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード