知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義

【序章・21世紀の政治家達】
 やはりトランプさんの話題は出ました。
 ただ、本書で特筆されていることは、「大口献金への無依存」です。
 極右極左で分かれるトランプ・サンダースも、ここは共通。
 危険性はある一方、既存のシステムへの不信不満は大きいようです。

 そして、世界の覇権を目指す習近平・プーチン等の面々についても
 語られます。あらたな帝国時代、いや世界的戦国時代ですかね。

【第一章・イスラム国とその変遷】
 欧米がアラブ諸国の「平和的なカリフ誕生」を邪魔し続けたことと、
 何とかの一つ覚えで「民主主義・資本主義」をゴリ押ししたことの結果ですね。
 イスラム国の変遷や潰し辛い要因も書かれ、こちらも解り易くまとまっています。
 また、かつての植民地支配の問題なども解説されているため、
 中東を理解する上では一読の価値ありです。

【第二章・ヨーロッパ人の虚像】
 移民問題で割れるドイツもさることながら、
 やはり今年のポイントはイギリスでしょう。
 この本が書かれたのは16年5月なので、池上さんの予想以上に大荒れではないかと。
 それはともかく、ヨーロッパでの、テロ対策や移民対策について解説されます。

【第三章・アメリカ流ピューリタン】
 トランプさんらの話から、アメリカの選挙制度や
 アメリカ流のピューリタンなど歴史にかかわることが紹介されます。
 「戦争は誤算に基づく」なんて言いますが、
 湾岸戦争で父ブッシュが考えた対策でも、フセインは妥当しきれず、
 ビンラディンという新しいアメリカの敵を作ってしまった構図。
 で、息子の方が更に余計なことを・・・からのトランプさんの流れが解り易いです。

【第四章・独裁化が進む中国と北朝鮮】
 習近平さんや金正恩さんがどのようなことを考えているのかが紹介されます。
 ただ、どちらも強気な言動を続ける一方、情報には過敏な様子。
 毛沢東さんやその後からの負債の話もあり、これはアメリカ云々以前に
 危ない国ではないかと思いました。日本もとばっちりを食らわないように
 気を付けなければですけど。
 
 カンボジアの漫画の件は、わりと面白い雑学かと。
 
【第五章・世界の諸問題】
 この辺は話が細かいので、本書を読んで、と言う事になりそうです。
 地球温暖化などが紹介されますが、そこにも世界の貧困問題の影が見えます。
 いろいろ問題はあれど、根っこは一つと言う事でしょうか?

【第六章・安倍政権の動き】
 日本の安保問題は国内でも海外でも、関心事かと思います。
 日本の技術力と財力は、他の国にも無視できませんし。
 やはり、もう少し日本としてどうするのか、考えなければいけないのかもしれません。
 ただ、アベノミクスの現状を見ると、不安もあります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード