由真様の誕生日

由真お嬢様
誕生日おめでとうございます


yuma8.jpg

えーと 2004年に17歳とすると
今年で21歳でしょうか
ともあれ実におめでたい日ですな。

由真様
私としてはとても上品で美しいお嬢様だと思っています。

え、ツンデレ?
うーむ 確かにツンデレです。
私もツンツンして貴明に勝負を挑み、
負けるというか自爆して
「これで勝ったと思うなよぉ~~~~~」

と去っていく姿はもちろん可愛いと思います。
ていうかTH2を買った段階では、普通のツンデレだと思ってプレイしました。
しかし、祖父が登場するあたりから少しずつ御本人や過程の事情がわかり、
それに応じて、それまでのツンデレラブコメ路線から
真面目な将来の悩みを解決していくことへとシフトしていきます。

ここで抑えておきたいのが
由真様が持っていた二つの悩み。
これは由真ルートのテーマと置き換えてもいいかもしれません。
「本当の自分とは何か?」
「将来の夢とは何か?」
この二つです。
ともに学園ものではよく取り上げられる、
と言うよりリアルの中高生も悩むことであり、むしろある程度悩むべきことでしょう。
ここだけなら普通の学園ものですが、TH自体が正統派を創ったゲーム。
その続編であれば、正統派からはできるだけ外れないように作ることはむしろよいことでしょう。
むしろまったく違うものが創りたければ「天いな」など名前を変えるべきでしょう。

あんまり書くと、ていうかここから先はネタばれ要素があるので注意してください。
それとこの記事はあくまでPS2版を前提に書いているので

さて、一口にツンデレといっても
”ツン”には様々なパターンや要因があります。
まず、主人公嫌悪型
何らかの事情で主人公を憎み、高感度が多少あがっても素直になれないことが多い。
表面的には十波由真様もこの部類に入ると思います。
ついで、社交拒絶型
これは主人公というか周囲と意図的に交わらないようにしているタイプ。
高感度があがると、他の人の前では見せないような表情になったり。
5/14以降の長瀬由真様はこちらでしょう。
また、普段教室などではこちらの状態なようです。
これに関しては3月には伏線があります。

このほかにも、堅物型やクーデレ、その他特に名前の無い型など
バリエーションは今後も無限に増えていくと思いますが、今回は割愛。

さて、主人公嫌悪型は何かと恥ずかしがりやなことも多いわけですが
由真様もこの例にもれず、とても恥ずかしがりやで。
とりわけ由真様は「他人に素の自分を見せること」を恥ずかしがっているように感じます。
しかし、貴明に対しては違いました。
ずっと他人に隠していた本当の自分。
貴明にはその本当の自分を精一杯見せようとしていた。

ただ、ずっと閉じ込めていた自分を人前でそのまま表現しきれずツンツンしてしまう。
私の中ではそれが由真様のツンだと思います。
実際、完全に二人っきりのときはなんとなくツンが弱かったように思いました。
とにかく、由真様にとって貴明は始めから愛佳以上に特別な存在だった。

そして社交拒絶の長瀬由真様。
これは5/12に貴明がKYなことをしたのが原因で
メガネをかけ主人公を含めた周りともかかわりを拒絶してしまった。
・・・と、見せかけて
実はその姿こそが貴明以外の人間の中での”由真”だった。
そう、愛佳が明るい由真様を見て「今の由真ですよね?」と言ったのは
つまり”普段は騒がしくない”ということの伏線だったのです。

なんだかんだ言ってもこの二つの属性はどちらも裏と表で常に存在していた。
由真様自信もどちらが本当の自分かはわからなかった様子。
しかし何のことは無い。
人間にはいくつもの側面がある。
由真様はその側面に開きがあり、そこで悩んでいただけのこと。
逆にもし貴明と出会えなかったらもうひとつの側面はみつからなかったかもしれない。
最終日、由真様は呟く 「本当の自分はどっちなんだろう」
そして貴明は断言する 「どっちもだ」
どちらも同じものを別の方向から見ているに過ぎない、と。
それでも由真様は檻の中から出てくることができない。
だからこそ貴明は檻を破壊し、中にいた本当の由真を助け出したのだ。


将来の夢についてもなかなか深く掘り下げています。
ダニエルの話や、最終日の図書室での話は聞きもの。
特に図書室での話はPS2版とPC版で全く別物になっています。
PCしかやっていない人は是非やり比べて欲しいですね。
PS2で面白いと思った人にはPCはお勧めできません。

由真様はお嬢様であり、周りが敷いたレールに乗っていけば裕福な暮らしが待っている。
しかし、由真様の家庭事情を考えるとはたして約束されているのだろうか?

まず、子供の頃から身近に芹香様、更に途中から綾香様が加わっている。
芹香様は運動こそ苦手(体育も筆記は満点でしょうし)ですが、
英国の骨董屋に売ってるような本を子供のうちから読んでしまうほどの頭脳の持ち主。
綾香様は勉強も運動もできる完璧超人。さらにエクストイリ-ムの女王。
お嬢様キャラは優秀なことが多いわけですが、この二人はまさに最強姉妹。
なんというか二人いればそれだけで来栖川が更に大きくなりそうな。
由真様としては、なんとなく負い目を感じていた可能性が高いと思います。

さらに、由真様が中学生のときだと思いますが、
来栖川の屋敷にセリオがやってきます。
由真様が執事になった場合、仕えるのはおそらく芹香様や綾香様。
芹香様はともかく、綾香様はセリオが大のお気に入り。
こういう状況だと「ロボットが世話をするなら人間の自分は必要なくなるんじゃないか」
というような不安が生まれたのかもれません。

例えば由真様が三人と同じくらい優秀なら別に悩まなかったのかもしれません。
ですが由真様の知力、体力、精神力はいたって平均的。
こうした状況では、どうしてもレールに不安を感じてしまいそうです。
だからといって、思いつきで決めたような夢を一生追い続けられるか。

本来なら誰もが真剣に考えなければならないことですが、
由真様は嫌でも悩まなければならない状況にいたことになります。

これに関してはこれが答えだ的なものはありませんでしたが、
由真様と貴明が二人で答えを探すという展開は悪くないと思います。
そう 答えを見つけるより、探し続けることが大切
って、もちろん高校生までですけどね。



ところで、由真様をツンデレと認めても、お嬢様と認めてくれない人がいます。
たしかにPC版にはありませんでした。
しかし、PS2版の最終日 一瞬だけ「ふふっ」と
まさに”深窓のお嬢様が思わず”的な笑顔を見せてくれます。
その姿はとても美しく、天使か、女神か私のお嬢様観さえ変えてしまいました。
よく考えたらPC版先に買ってたら三人娘にも萌えていなかったかもしれませんね。


ここまで書きましたが、やはりいろいろあって
一部のユーザーには難しいととられてしまったようですね。
実際TH仲間と話していても
今回説明したような由真編の面白さには気づかない人が多い。
また、ユーザーもどちらかと言えばTHにはシンプルな話を求めているのかもしれません。

んで、PCの方なんですが これはもう変更と言うか変質
シンプルにわかり易くしたというより、適当に壊した。
ガンキャノンからキャノンを取って
シンプルなデザインにしましたと言われたような気分だ


ツインタワーでやって爽やかに終わるのかと思ってPCやりましたが、
いくらなんでも酷すぎましたね。
なんか貴明が悪い意味で積極的に責めて、
由真様が仕方なく付き合っているような感じ。
仕方なくやっていて、リラックスしたのができるはずも無く・・・

『空想科学読本6.5』では「”団子どっこいしょ現象”は世界征服の敵」とありましたが
ギャルゲーにも言えそうです。
真面目にコツコツと学園物らしいギャルゲー作ってればいいのに、
途中でブルマとか思いついて由真編が壊れ、
昼ドラとか思いついてささら編の後半がダルくなり、
マルチ編トレスしようとしてはるみ、シルファ編もダルくなり、
セカイ系っぽいこと思いついてまーりゃん編も意味不明になり・・・

まーりゃん先輩も世界征服狙うのは結構だが、
途中で貴明のことなんか思いついちゃったから
そっちに”どっこいしょ”してしまったのでしょう。
余談ですが私は「団子へいこらしょ」と教わった記憶があります。

まあAD一番の失敗は
三人娘が攻略できなかったことだと信じています


ああああーーー
なんかものすごい長文になってしまった。




葉鍵絵板で知り合い、以降いろいろとお世話になった
カマシ様が私の同人誌のレビューを書いてくださいました。
感謝!!!!m(___)m

ぶらうんまじっくブログ

しかし、玲於奈編はともかく霞編の貴明はわりとヘタレに描いたつもりなんですが、
どうも私の表現力不足で「わりと男らしい」という感想が多く。
まあ別に悪いことではないと思うんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ここでは初めまして

こんばんは、東雲さん。
ここでは初めてですね。
ツンデレは良いですよね~。
普段のキツイ感じから、女の子らしく可憐な一面を見せる、あのギャップがたまりません!!
僕がツンデレキャラで好きなのは、「処女はお姉さまに恋してる」の厳島貴子です♪
初っ端から、こんなコメントになってしまいましたが、これからもよろしくお願いします!

コメどうもです

やはりツンデレのギャップは欠かせませんね
由真は特にいいと思いますが

>こんなコメント
荒しでなければどんなコメントでもOKですよ

荒しをするつもりは、まったくありませんので

ツンデレといったら、釘宮理恵さんの存在は欠かせないでしょう。
だって彼女はツンデレ声優として最も有名ですし、人気もあります。
さらに釘宮さんのツンデレっぷりに、あまりにも熱中し過ぎた状態を、
「釘宮病」という程ですからね(笑)。

ちょっと語弊がありましたね

asabatyouさんは荒しなんてする人ではないでしょう
釘宮さんですか
カミュとかもいいですが
やはり本業はツンデレなんでしょうかねぇ
プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード