スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火ノ丸相撲 12

稀勢の里が久々の日本人横綱になったこともあり、三次元でも二次元でも盛り上がっております。

【蛍の覚悟】
 真っ向勝負が旨の火ノ丸とは対照的な、「変化」を戦法とする蛍。
 間宮戦でも「卑怯と罵られようが、勝利に貢献する」という覚悟を魅せてくれましたが、
 今回は更に変化を磨き、自信をつけます。
 火ノ丸が気合いを入れたのはありますが、それでも蛍自身が決めた覚悟です。
 「卑怯・冒涜と罵られる覚悟」という点では、漫画界でもトップクラスではないかと思えます。

【最強の布陣】
 ダチ高とは対照的な、名門で相撲を続けるメンバーが集う鳥取白桜高校。
 単純に体格勝負の首藤に、合気道の榎木、モンゴル出身のバドと、
 とにかく多彩な面々がそろっています。
 この巻は大関部長と榎木の開戦で終わりですが、ジャンプ本誌を読んでいても息がつけません。

【頂上決戦】
 火ノ丸に勝ったことのある二人の対決です。
 どちらも、いかにも力士という風格で、これまでの試合も少ないながらインパクトのある
 ものが多かっただけに、より面白さが際立つカードです。

 結果の方は、本編で確認していただきたいですが、まさに最強対決というのかブレないでしょう。 

【おまけ】
 いつも通り、キャラ紹介ページがありますが、国宝数珠丸にも1ページ使った紹介がありました。
 ほとんど台詞が無いキャラなのに、そのページではキャラがたっていました。
 本編では試合用の怖い顔でしたが、おまけでは穏やかな表情です。

【水着回】
 まさか火ノ丸相撲で水着回を見る日が来ようとは・・・
 楽しい海水浴でも、まあやることは火ノ丸相撲らしいと言うことで。
 増刊には無かった描き下ろしもありまして、そっちも笑えました。
 ただ、『ブラッククローバー』や『カガミガミ』に比べると、女の子の線が固いなと感じます。
 一巻の頃に比べると、だいぶ女の子の線は柔らかくなってるんですけどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。