ブラッククローバー 10

10巻、毎週楽しみに読みつつ、ハガキも出しているので、あっという間でした。

【努力で進化する必殺技】
敵のサラマンドラに対して、ノエルは必殺技・海竜の咆哮を使いますが、今回はブッパ技ではなく、
途中で弾道を変えるなど、成長を見せてくれます。
凄い技を完成させた後も、慢心せずに発展技を考えるなど、ノエルらしいストイックさが出ていると思います。

作画的にも、よりスピード感や迫力が増していると思います。

【小説版キャラクター紹介】
本誌では小説読んでない人には分りづらいのではと思いましたが、コミックではキャラ紹介があります。
小説を読んでいない方は、10巻の42ページと62ページを先に読むと、本編も読みやすいと思います。
ただ説明しているだけではなく、少しネタっぽくなっているのも楽しいです。

マリエラはお色気とは縁が無いと思っていましたが、プロフィールページではエロいポーズを見せてくれます。

【敵方も成長】
味方サイドが成長する一方、敵方も負けじとパワーアップしてきます。
前回はヴェットがアスタの能力を分析してましたが、今回はファナのサラマンダーが進化して登場です。
さらには戦闘中にまで進化するなど脅威はなかなか減りません。
元々火力はありましたが、更に強くなるため、油断のならない連中ですね。

あとは、美少女マッドサイエンティストのサリーちゃんにも、(色々な意味で)成長して再登場願いたいです。

【アスタの治療】
こちらは意外とアッサリ回復します。
代償については、本誌の展開から次巻になるかと思われます。

【アスタ流テロとの戦い~VSファナ】
悪いことをやめさせるのは変わりませんが、ただ力尽くで叩き潰すのではなく、相手の事情を探ろうとします。
魔眼が持つ絶望や憎悪の根本的な原因を探り、何か出来ることがあれば尽力しようというわけです。
結局答えてはくれませんでしたが、こういうことは根気が必要ですからね。

誰に言われるでもなく、アスタが個人的に始めたことなので、今後もテロリストの事情を探るのは
アスタが主体になって進みそうです。

【アグリッパさんは…】
呪術魔法の使い手ながら、コミュ力不足で活躍の場が無いアグリッパさん。
バネッサさんやフィンラル先輩も掘り下げがあったので、アグリッパさんもそろそろでしょうかね。

【表紙】
進化前は可愛げのあったサラマンダーも怖そうな感じで描かれてます。
ファナも同じくで、この辺の描写は、ハングリージョーカーの頃から安定して伸びてるかなと思います。
バネッサさんは余裕ありげですが、まあ本編でもシラフなら冷静ですからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード