プラチナエンド 6



厳密には5巻の終盤辺りからですが、ようやく小畑・大場コンビの面白さが戻ってきたと思います。
いや長かった。
ルベルの頑張りで羽を手に入れた咲ちゃんが六階堂さんと明日君を救出するところから始まり、
メトロポリマンとも改めて対峙。熱い展開が連続します。
『デスノート』でも面白かった、能力を使った頭脳戦ですが、それを今回は明日君が実践。
設定が十分すぎるほど活かされました。どう使われたか、は実際に読んでいただきたく。

作画も、小畑先生らしく、底谷の心理描写、咲ちゃんのかわいさとエロさ、悪役連中の
キチガイっぷりと、どれを取っても魅力的です。

次巻も凄く気になる終方で、楽しみで仕方ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード