スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア情勢――終わらない人道危機



【全体的な流れ】
サブタイトルに「人道危機」とあり、また帯には犠牲者の数が書かれていますが、
全体的には被害状況などよりも、政治・地政学等マクロな問題を扱った本です。
街の被害や難民の状況などは、あまり解説されません。
しかし、複雑なシリア情勢を、段階別にわかりやすく解説した本かとは思いました。

応仁の乱の本を読み、また第一次世界大戦について勉強していると、
この本で扱われるシリア内戦との共通点も見えてきました。

【主体の不在】
アサド大統領も、マスコミや他の書籍のイメージ程は無能ではなく、
政権側としても一応の沈静化対策はしているように感じました。
ただし、日露戦争の伊藤博文や普墺・普仏戦争のビスマルクに比べると
やはり戦争の主体にはなれていないと思われます。
この辺が、足利義政に近いかと。
これは他の国や組織にも言え、「どうやって終わらせるか」を
きちんと考えて戦っている人がいないのではと、本書で改めて思いました。
応仁の乱も第一次世界大戦も、皆終戦のイメージを持たずに暴れ始めて、
収集がつかなくなった戦争ですし。

それと、国や政権など、マクロのしぶとさというのは、なかなか見極めが
難しいと言うことも改めて考えさせられました。

【ロシアの立ち回り】
帝国時代には日本に負け、第一次世界大戦でつぶれた国ですが、
そんな国を再び偉大な帝国にしようとするプーチン政権。
アサド政権の要請に応じての空爆や、国際会議での立ち回りなど、
外交面でも美味しい所をとっているように感じました。

【シリアのその後】
中東本をたくさん書いているイメージの内藤正典さんが方々でコメント
されていましたが、2017年4月にシリアで化学兵器が使用されました。
また、トランプ大統領も空爆に踏み切っています。
本書は3月発行の為、こちらは間に合わなかったようです。
これによってアサド政権の中東内でのメンツも変わってくると思いますが、
これは著者の青山さんや、他では内藤さんの本を待たなければいけなそうです。

化学兵器の使用が本当にアサド政権側ならば、プーチン大統領のメンツも
潰したことになりますし、油断が出来ません。
一方、トランプ大統領が、またアメリカ合衆国の株を下げなければ良いが
とも思えますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DayBreak

Author:DayBreak
暇な同人活動をしている大学生 シノタロスが、オリキャラや葉の話などをするブログです 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。